ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

crontab 【> /dev/null 2>&1】について

更新日:

crontabで”>/dev/null 2>&1”ってコマンドがありますが、意味が分からなかったのでメモっておきます。

これも結構重要なコマンドなのでしっかり頭に入れておくこと。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

【> /dev/null 2>&1】の意味

要は、ごみ箱みたいなもの。

/dev/nullってのがゴミ箱です。

それでは、数字の1と2のは何の意味かというと。

  • 1=標準出力
  • 2=エラー出力

という感じです。

そして、”>/dev/null 2>&1”コマンドの意味は

2「エラー出力」を1「標準出力」として出力し、標準出力をまとめてゴミ箱に入れますっていう意味になります。

それではエラー出力やら標準出力ってなんなのかってことですが、crontabで書かれたコマンドの出力ってことです。
定期的にcronが動くのでそのたびにログが吐かれます。

そのログを毎回、ゴミ箱に入れましょうって意味です。

スポンサーリンク


【> /dev/null 2>&1】をしないとどうなるのか

一例ですが、例えばメール(postfix)を設定していると、毎回cronで叩かれたコマンドの出力結果がメールに届いちゃったりするんです。

標準出力結果もエラー出力も毎回メールで届いちゃうと、ほんとめんどくさいです。

なので【> /dev/null 2>&1】っていうコマンドを、書くわけです。

コマンド例は、以下になります。

*/5 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp -b > /dev/null 2>&1

>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.