ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

crontab 【> /dev/null 2>&1】について

更新日:

スポンサーリンク



crontabで”>/dev/null 2>&1”ってコマンドがありますが、意味が分からなかったのでメモっておきます。

これも結構重要なコマンドなのでしっかり頭に入れておくこと。

スポンサーリンク


【> /dev/null 2>&1】の意味

要は、ごみ箱みたいなもの。

/dev/nullってのがゴミ箱です。

それでは、数字の1と2のは何の意味かというと。

  • 1=標準出力
  • 2=エラー出力

という感じです。

そして、”>/dev/null 2>&1”コマンドの意味は

2「エラー出力」を1「標準出力」として出力し、標準出力をまとめてゴミ箱に入れますっていう意味になります。

それではエラー出力やら標準出力ってなんなのかってことですが、crontabで書かれたコマンドの出力ってことです。
定期的にcronが動くのでそのたびにログが吐かれます。

そのログを毎回、ゴミ箱に入れましょうって意味です。

【> /dev/null 2>&1】をしないとどうなるのか

一例ですが、例えばメール(postfix)を設定していると、毎回cronで叩かれたコマンドの出力結果がメールに届いちゃったりするんです。

標準出力結果もエラー出力も毎回メールで届いちゃうと、ほんとめんどくさいです。

なので【> /dev/null 2>&1】っていうコマンドを、書くわけです。

コマンド例は、以下になります。

*/5 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp -b > /dev/null 2>&1
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ