【ESXi】仮想サーバーインターフェース追加手順


ESXiでインターフェースを追加したい場合は、仮想環境で構築したサーバー無いではできません。

ESXiの設定画面から仮想サーバーを選択してインターフェースの追加設定をしていきます。


仮想サーバーのインターフェース追加手順

ESXiを起動し、以下の画面が表示されたら、左のウィンドウから対象となる仮想サーバーを選択し、右のウィンドウで「サマリー」を選択し、「コマンド」から「設定の編集」を選択します。
1

編集画面が表示されるので、「ハードウェア」のタブから「追加」を選択します。
2

「ハードウェアの追加」から「イーサネットアダプタ」を選択し、「次へ」をクリックします。
3

「ネットワークタイプ」から「アダプタタイプ」で”E1000”を選択し、「ネットワークラベル」から追加したいインターフェースを選択します。
デバイスのステータスはお好みでチェックしてもらい、「次へ」を選択します。
4

「終了準備の完了」画面で「終了」をクリックします。
5

新規にNICが追加されたことを確認し、「OK」をクリックします。
6

最後に仮想ルータを確認すると、新規にインターフェースが追加されています。

# ifconfig -a
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:BA:00:E8
          inet addr:192.168.1.67  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::250:56ff:feba:e8/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:1820492 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:819487 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:246552098 (235.1 MiB)  TX bytes:61015758 (58.1 MiB)

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:9C:E5:B0
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:0 (0.0 b)

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:309 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:309 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:23359 (22.8 KiB)  TX bytes:23359 (22.8 KiB)

お疲れでした。

以上です。


関連記事


ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!