ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

マーベル

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー!ストーリーもキャラクターも満点映画!

投稿日:

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはマーベルコミックスの人気漫画。
全宇宙の嫌われ者?が全宇宙を救うため正義のヒーローになっちゃうってお話し。

しかもキャストが豪華なんです!
スター・ロード役をクリス・プラット

ロケット・ラクーンをブラッドリー・クーパー(声)

グルートをヴィン・ディーゼル

どれも今を輝く大スターたちが集まっているのだからヒットすること間違いなしですよね。
スター・ロード役のクリス・プラットなんて今は超大物スター!

世界記録を塗り替えた「ジュラシック・ワールド」にも主演で出ていたのでわかるはず。
今後の活躍にも期待が持てますね。つか、かっこいいよ。この人。

ジュラシックワールド次回作にも期待大!ハイブリッドvsT−レックスが熱すぎる!

しかもストーリーもかなり面白かったし。なんといっても「ロケット」がかわいい!見た目とは裏腹の気性が激しい性格はまた面白さを倍増させます。

ストーリーもキャラクターも充実したガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは見どころ満載!

マーベルコミックスは見たことはないのですが、アメコミヒーローはなぜか小さなころから知っているんですよね。
スパイダーマン、スーパーマン、バッドマン、キャプテンアメリカなどなど。

スーパーマンは1980年代に映画で3作出て人気出ましたよね。日本でも。
よくテレビで放送されていたので覚えています。

しかし、今のアメコミ映画は内容がしっかりしている!
画像もダサくない!

当時のスーパーマンには悪いが、やっぱ今は衣装などのビジュアルがかっこいいですね。

s

話はそれましたが、この『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』はアベンジャーズシリーズのカギとなる結構重要な作品。
いたるところに重要人物や物などが出てきて点と線を結ぶというか、かなりネックとなるお話なんです。

しかも全体的にストーリーが面白い。
はじめから最後まで十分に楽しめます。

この映画自体も批評家にも好評化され、興行成績も全世界で7億ドルを超えるヒット映画になっちゃったんです。
また、2017年5月5日には続編の公開も予定されているんです!

スポンサーリンク


手に汗握る壮大なストーリー!

スター・ロードは幼いころ母親を亡くした後、すぐに宇宙海賊によって地球から拉致されるっていう話から入るんです。
のっけからハンパねぇ展開ですが、それは置いといて。

それから26年後に、アベンジャーズシリーズでもカギとなるオーブを盗みだそうとした際、そのオーブをねらうクリー人、ロナンの軍団に遭遇し襲われますが、何とかオーブを持って逃亡。
スター・ロードを拉致したボスのヨンドゥは彼を捕まえるため懸賞金を掛け、またロナンもオーブ奪還のために暗殺者、ガモーラを派遣します。

このガモーラものちのガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのメンバーとなるわけです。

スター・ロードは盗んだオーブを売ろうとしたところ、ガモーラに襲われたり、賞金稼ぎで遺伝子改造されたアライグマのロケットとその相棒のグルートも加わって街は大混乱。
その後4人は逮捕され、キルン刑務所に投獄されます。

そのキルン刑務所にはロナンに家族を殺されたドラックスがおり、ガモーラといることでロナンと会う可能性があることで仲間に加わり、5人で刑務所を脱獄します。

そして、ロナンは宇宙のどこかであの「サノス」と会うんです。
いきなり大ボスが出てきちゃったりするわけですが、なんとこのサノスはガモーラの養父なんです。

ロナンとサノスの関係はよくわかりませんが、ガモーラの裏切りとオーブについて興味深い話をしていくわけです。

また、刑務所を脱獄した5人ですが、コレクターと呼ばれるタニリーア・ティヴァンに会います。
ティヴァンはオーブをあけ、それが全てを破壊するパワーを持つインフィニティ・ストーンであることを明したあと、なぜか、使用人の女がストーンに触れて大爆発。

なんやかんやドタバタ劇があり、結局オーブはロナンが持ち去ってしまいます。
インフィニティ・ストーンで銀河を破壊しようとするロナンを止めるべく5人はロナンに立ち向かっていきます。

個性あふれるキャラクターがかっこいい!

なんといっても今回のこのガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの見どころといえば、個性あふれるキャラクターではないでしょうか。
メンバーひとりひとりがユニークで全然飽きさせないですね。

個人的にはロケットとグルートのコンビが大好きです。
今後アベンジャーズに出てくるって時にどんな活躍をしてくれるのか今から楽しみでならないっすね。

ピーター・クイル / スター・ロード
star

ガーディアンズのリーダーでありトレジャーハンター。
幼少期にヴェジャーズと呼ばれる宇宙海賊に誘拐され、その後彼らに育てられる。
その後、全宇宙を駆け巡るトレジャーハンターとなり、エイリアンの女の子と楽しむ遊び人、そしてゴロツキで少し間抜けな性格である。

見た目は地球人だが、あるとき父親が古代の未知の種族であること知る。

ガモーラ
gamora

サノスによって訓練された暗殺者。しかもサノスは養父になる。
全身が緑色の宇宙人で軽い身のこなしとスピードで敵を翻弄する。武器は剣を使用し、剣技に優れる戦士である。
正義感が強く、スター・ロードともいい関係に。。。

ドラックス
drax

ロナンに家族を殺され、ロナンを探し続ける戦士。ドラックスも全身の肌の色が緑であるが、ハルクと類似するのを避けるために濁った灰色の肌に変更された。

グルート
groot

ロケットの相棒である木のヒューマノイド。
グルートのセリフは「私はグルート」のみ。
体に生えている木の枝を自由自在に使いこなす能力を持つ

ロケット
rocket
武器や先頭術に精通し、賞金稼ぎとして活動する遺伝子操作で改造されたアライグマ。
見た目とは違って性格は凶暴。
グルートと心が通じ合っているのか二人の間ではなぜか会話が成立している。

また、おもにグルートと一緒に戦闘に参加する。

ロナン・ジ・アキューザー(英語版)
ronan
仇敵ザンダー人の根絶と引き換えにサノスと契約を交わしたクリー人。
大きなハンマーを使いガーディアンズに立ちふさがる。

エンドクレジットでハワード・ザ・ダックが出ちゃうんです!

duck2

なんと、エンドクレジット後の場面では破壊されたアーカイブ内でコレクションである犬の宇宙飛行士と喋るアヒルが描かれているんです。
これ、実はハワード・ザ・ダックといわれています。

ピンとくる人はすぐにわかると思いますが、1980年代くらいに映画になった「ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀」という映画のキャラクターなんです。
しかもこのキャラはマーベルの人気キャラクターでもあり、今回特別出演してくれたんすね。

ちょっと懐かしいですね。

こちらが当時のハワード・ザ・ダック
duck

てなことで、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの次回作にも期待大です。
早くアベンジャーズでも活躍してほしいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-マーベル

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.