ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

【C言語】変数プログラミングの設定

投稿日:2014年8月18日 更新日:

C言語で「変数」ってなもんがあります。
この言葉を聞いただけでは、数字が変わるってな感じでふわっとしています。

はっきり言って初めはなんじゃそらって感じです。

ということで、じぶん的な解釈でメモっていきます。

変数って値を入れる箱みたいなもんです

そんな感じです。
変数って値を入れる箱のようなものを意味します。

以下の設定例では、整数(int)=integer(インテジャーって読む)という「a」という名前の箱と、「b」という名前の箱を用意し、その箱にそれぞれの整数(値)を入れます。

「a = 5」、「b = 13」のように、それぞれの箱に値を入れることを「代入」といいます。

最後の「a = b」は「a」の箱に「b」の箱の値を代入します。
この時、「a」の中の値(5)は無くなっちゃいます。

# vim test.c
#include <stdio.h>

main()
{
//変数
        int a;  // aの箱を用意
        int b;  // bの箱を用意
        a = 5;
        b =13;
        a = b;  // aをbに置き換える

        printf(&quot;%d\n&quot;, a);
}

実行!!(その前にgccでコンパイルしてね。)

# ./test
13
スポンサーリンク


変数の省略

なんか同じものを何度も作ったり、行が増えていくとめんどくさくなっちゃうので以下のような省略例があります。

一列に並べて書く例

a = 5; b = 13;

変数が2つある場合の省略

int a, b;

1つの変数の宣言と代入を一つにする

int a =5;

2つの変数と宣言と代入を一つにする

int a = 5, b = 13;

上記のように宣言と代入を一緒にすることを「変数の初期化」といいます。

それでは初期化した設定例を以下で書いちゃいます。

#include <stdio.h>

main ()
{
        int a = 5, b = 13;
        a = b;

        printf(&quot;%d\n&quot;, a);
}

こんな感じでプログラムも見やすくなるということです。

ちょいと、プログラミングがわかり始め調子に乗り始めている今日この頃です。

Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉
アンク
翔泳社
売り上げランキング: 30,036

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.