ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

【C言語】printfの行数指定と特殊文字

投稿日:2014年9月8日 更新日:

printfで数字を入れることで行数の指定ができます。
例えば、「%5d」と書くと5行を指定することができ、

printf("%5d", 10);

と書くと、出力結果は

   10
---    #前3行は空白

というように5行文の出力結果が出せます。

「¥n」のような2文字で一つの意味を持つことを特殊な文字のことを「エスケープシーケンス」といいます。
「¥n」は改行という意味があり、他にも以下のような意味もあります。

エスケープシーケンス 意味
¥0 NULL文字
¥b バックスペース
¥t タブ(tab)
¥n 改行
¥r 復帰

また、「¥、’、”」を表示させる場合は文字の直前に「¥」を書きます。
例えば、「¥¥」、「¥’」、「¥”」など。

エスケープシーケンスを使った文字の出力

それぞれの役割がわかった上で、以下のようにプログラムを書きエスケープシーケンスを使用した出力を出してみます。

#include <stdio.h>

int main ()
{
    printf(&quot;    %8s %8s\n&quot;, &quot;野菜A&quot;, &quot;くだものB&quot;);
    printf(&quot;数量 %08d %08d\n&quot;, 16, 246);
    printf(&quot;重量 %8.4f %8.4f\n&quot;, 76.3, 556.1);
    printf(&quot;%d%c\n&quot;, 10, 'A');
    printf(&quot;%d\bA\n&quot;, 1000);
    printf(&quot;%d\t%d\n&quot;, 20, 30);
}

上記は改行やバックスペース、タブを使用した表示の出力結果を出すプログラミングです。
そして以下が、実行例です。

     野菜A くだものB
数量 00000016 00000246
重量  76.3000 556.1000
10A
100A
20	30

こんな感じでしょうか。
だんだん難しくなってきとりますが、確実に覚えていきます。

Cの絵本―C言語が好きになる9つの扉
アンク
翔泳社
売り上げランキング: 65,404

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.