ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOSでNet-SNMPインストールと設定

投稿日:2014年6月1日 更新日:

SNMP(Simple Network Management Protocol)はルータやスイッチなどのネットワーク機器をネットワーク経由で監視・制御するプロトコルです。

オープンソースはNet-SNMPが有名なので今回はこれをベースに構築します。
Net-SNMPはSNMPに関するツールをまとめたパッケージです。

Net-SNMPインストール

まずは、以下のようにyumインストールを実施します。
CentOS6.5ではデフォルトでsnmpが入っています(そーだったはず)

最新のNet-SNMPはこちらから参照してください。
Net-SNMP

# yum -y install net-snmp
# yum -y install net-snmp-utils
スポンサーリンク


snmpd.conf設定

事前にsnmp.confのバックアップを取っておきます。

# cd /etc/snmp/
# ll
合計 24
-rw-------. 1 root root 18861  3月 25 03:11 2014 snmpd.conf
-rw-------. 1 root root   220  3月 25 03:11 2014 snmptrapd.conf
# cp -p snmpd.conf original_snmpd.conf
# ll
合計 44
-rw-------  1 root root 18861  3月 25 03:11 2014 original_snmpd.conf
-rw-------. 1 root root 18861  3月 25 03:11 2014 snmpd.conf
-rw-------. 1 root root   220  3月 25 03:11 2014 snmptrapd.conf

snmpd.confの編集

以下のように、ハイライトしている箇所を設定変更します。

# vi snmpd.conf

#       sec.name  source          community
#com2sec notConfigUser  default       public	#コメントアウト
com2sec local           default         public	#追加
com2sec mynetwork       172.16.1.0/24   public	#追加


#       groupName      securityModel securityName
#group   notConfigGroup v1           notConfigUser	#コメントアウト
#group   notConfigGroup v2c           notConfigUser	#コメントアウト
group   local_group     v1      local			#追加
group   local_group     v2c     local			#追加
group   local_group     usm     local			#追加
group   mynetwork_group v1      mynetwork		#追加
group   mynetwork_group v2c     mynetwork		#追加
group   mynetwork_group usm     mynetwork		#追加


# Make at least  snmpwalk -v 1 localhost -c public system fast again.
#       name           incl/excl     subtree         mask(optional)
#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.1	#コメントアウト
#view    systemview    included   .1.3.6.1.2.1.25.1.1	#コメントアウト
view    all     included        .1      80		#追加


#       group          context sec.model sec.level prefix read   write  notif
#access  notConfigGroup ""      any       noauth    exact  systemview none none	#コメントアウト
access  local_group     ""      any     noauth  exact   all     none    none	#追加
access  mynetwork_group ""      any     noauth  exact   all     none    none	#追加


# Check the / partition and make sure it contains at least 10 megs.

#disk / 10000
disk / 10000	#追加

net-snmpを起動する

# service snmpd start
snmpd を起動中:                                            [  OK  ]

net-snmpを自動起動するように設定

# chkconfig | grep snmpd
snmpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

# chkconfig snmpd on
# chkconfig | grep snmpd
snmpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

snmpdの動作確認

設定が完了したら、snmpdの動作確認をします。

# snmpwalk -v 2c -c public localhost
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: Linux test-log011 2.6.32-431.11.2.el6.x86_64 #1 SMP Tue Mar 25 19:59:55 UTC 2014 x86_64
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: NET-SNMP-MIB::netSnmpAgentOIDs.10
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (15829) 0:02:38.29
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: Root <root@localhost> (configure /etc/snmp/snmp.local.conf)
・・・・・・

上記のようにMIBの出力結果がドバーッとでたら動作確認完了です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.