ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン7第15話。意外な人物がリックたちに協力!?

更新日:

スポンサーリンク



前回サシャとロジータがたった二人でニーガンのアジト、サンクチュアリへ乗り込んで行きました。
しかし、サンクチュアリではユージーンがニーガンの仲間となってしまってロジータはブチギレ!

しかも、二人でサンクチュアリに侵入しようとしたんですが、なぜかサシャはロジータを中に入れず、ロジータに後は頼むといい一人だけで侵入。
単独でサンクチュアリへ侵入したサシャの運命はどうなってしまうのか。

まさかの死亡?ってことに。。。

そしてサンクチュアリから逃げていくロジータの前に現れたボウガンを持った男の影はダリルなのか?それとも。。。

いよいよラストまで後1回となりました。
リック達はニーガンとの戦いに勝てるのでしょうか!?

最後はガツンと爽快に勝ってほしいものですね!

ウォーキング・デッドシーズン7第14話。サンクチュアリへ潜入するサシャとロジータ!

モーガンとキャロルそしてエゼキエル率いる王国がいよいよ動き出すかと思われた前回ですが、アレキサンドリアではロジータとサシャが単独でニーガンのアジト、サンクチュアリに乗り込もうとします。 一人でもニーガ ...

続きを見る

スポンサーリンク


ニーガンと闘うために武器を奪いに浜辺の村へ行くリック達

浜辺の村付近の浜辺で海から上がってくるウォーカー達。
ウォーカー達は浜辺の村へ向かって行く。

その頃リック達はアレキサンドリアから浜辺の村に出発する。

タラから浜辺の村のこと、彼女達が銃を持っていることを教えられます。
森の中をタラはリック達を連れ浜辺の村へ案内する。

そして、海辺から上がって来たウォーカー達は森の中を歩き、その先には浜辺の村があるのだった。

その頃、ヒルトップではマギーが住人に植物の植え方を教えている。
彼女が住人と仲良くしているところをグレゴリーが考え深げに見ている。

浜辺の村近くの森では、ミショーンが木の上に登る。
リックはミショーンに「合図を待て」といい、彼女に木の上で銃を構える。

その周辺で爆弾を仕掛けるダリルとジーザス。
ジーザスはダリルにサシャとロジータを止めるべきだったとダリルに打ち明ける。

サシャは射撃の腕が良く、ロジータは万能だとダリルは言う。
そして二人ともヒルトップに帰ってくる里いうのであった。

サンクチュアリに突撃したサシャは捕まり独房に入れられていた

サンクチュアリでは突入したサシャは捕まり独房に入れられていた。
そこに救世主のデビッドがやってくる。

デビッドは自分の名を名乗り、水を持ってくる代わりに抱かせろと言うのであった。
サシャのシャツを引っ張り下着が見えてしまう。
デビッドはサシャに囁きながら、卑猥な言葉を言う。するとサシャはデビッドに頭突きを食らわす。

デビッドは倒れこみ、笑みを浮かべながら立ち上がりながらズボンのベルトを外そうとする。
することこにニーガンが現れる。

ニーガンはデビッドに、この女をレイプしようとしたな?ここでは御法度だといい、デビッドの首にナイフを突き刺す。
デビッドは倒れ、ニーガンはサシャに言う。こんなことをしてしまいすまなかった。
だが、君が昨夜騒ぎを起こしたせいだと言うのであった。

そして、ニーガンはサシャの顔を見て思い出す。
あの時、列にいた女だと。

ニーガンはリックがよこしたのか?と聞く。
サシャは違うと答える。

するとニーガンは言う。
これは始まりだ。これはお前のナイフだといい、サシャの前にナイフを置く。
「それで俺を殺すこともできるが、それは利口じゃない。俺はバットを持っている。手首を切ることもできる。何もしないとデビッドが転化してお前が食われるのを待つか。
 それか、デビッドが転化する前に止めることもできる。そして俺たちの仲間になるか。」

ニーガンはサシャが逃げるのを助けたいと言う。
サシャはなぜ?と聞く。

ニーガンはサシャがビーチボールサイズのタマを持っているからな。もったいないと言う。
そして独房から去っていく。

しばらくすると、今度はユージーンが枕とランプ、そして毛布を持ってくる。
サシャはユージーンに彼らはあなたに何をしたの?と聞く。
するとユージーンは彼らに守られている。ニーガンが君を説得しろと言っている。受け入れるべきだと言う。
そして、あの夜の経験は生きて来た中で一番怖い。仲間になるんだと言う。

サシャはユージーンに「行って」と言う。
ユージーンは独房から去って行く。

すると死んだデビッドの指がかすかに動く。そして目が開く。
それを見るサシャであった。。。

スポンサーリンク


ヒルトップにいるマギーとグレゴリー

ヒルトップでは塀の外で植物を植えているマギーの元へグレゴリーがやってくる。
マギーは植物を植えているからグレゴリーに監視をして欲しいと頼む。
グレゴリーナイフを出し、監視をするがマギーの後ろに近づこうとするが諦める。

するとそこにウォーカーが現れる。
マギーが向かおうとするが、妊婦を守るといいグレゴリーがウォーカーに向かって行く。
しかし、怖気付いたグレゴリーはマギーにやってくれと頼む。

仕方なくウォーカーへ向かって行くマギー。
しかし、グレゴリーの背後にもう一体のウォーカーが現れ押し倒される。
グレゴリーは「マギー助けてくれ!」といい助けを求める。
マギーはウォーカーを倒し、グレゴリーを襲っているウォーカーにとどめを刺す。

なんとか、立ち上がったグレゴリーの前にヒルトップの住人が通りかかる。
マギーは彼らに「練習中よ」と言う。
住人はグレゴリーに初めてなのか?と少し呆れながら言う。

グレゴリーはマギーに「助けてくれてありがとう」と言うのであった。

浜辺の村ではリック達が襲撃を行う!

浜辺の村では、リーダーのナタニアが家に入るとそこには銃を向けるタラの姿が。
ナタニアは「あなたを殺しておくべきだった」という。
タラはナタニアを座らせようとすると、そこにシンディが入ってくる。

シンディはタラの姿に驚く。
タラはシンディもナタニアのそばに座らせる。

タラはこれから自分たちのグループがこの浜辺の村を乗っ取ると伝えます。
そして、銃が必要なこと。救世主と戦うから加勢してほしいと伝える。

しかし、ナタニアは「いやよ」と断る。
タラはナタニアにいう。家族を殺されたんでしょ?リックと話してほしい。いくつもの共同体が協力して救世主と戦うし、私たちは勝てるという。

しかし、ナタニアは勝てるはずがないという。
タラはナタニアを説得する。「ここに隠れてあきらめないで。試すべきよ。今すぐ決めて。。。」そういいながら腕時計を見るタラ。

シンディはナタニアに彼らと話すべきだというが、なおもナタニアは拒む。
タラはもう一度時計を見ていう。「時間切れよ。。。」

すると、突然浜辺の村の周辺で爆発が起きる。
逃げ惑う住人達。
爆発は何度か置き、ミショーンもライフルで住人達の足元を狙い撃ちする。そのまま住人達は一定の場所に固まる。

するとそこには銃を向けた足りるたちの姿が。
ダリルは「伏せろ」といい、ジーザスも「頼む」という。

住人達はひざまずき、ジーザスが手を縛っていく。
ダリルはミショーンに合図を送る。

その頃ナタニアの家ではタラが彼女たちの銃を向け続けていた。
その時、シンディが後ろに逃げ出す。
そしてシンディに気を取られたタラにナタニアが襲い掛かる。

タラは倒れこみナタニアに銃をわたし、「弾は入ってないわ」という。
そこに銃をもったシンディが来ると彼女の銃を鳥、タラに向ける。

タラはナタニアにリックと話し合ってというが、彼女は黙りなさいというのであった。

一方、森の中を逃げ惑う住人達の前にカールとゲイブリエルたちが銃を構えていた。
一か所に集められる住人達。

そこにリックが到着する。
リックは「早く終わらせたい。銃がほしいだけだ」という。

するとそこにタラに銃を突きつけたナタニアとシンディが現れる。
ナタニアは銃は渡さない、そしてみんなを開放し今すぐ立ち去れという。

リックは話し合おうというがナタニアは拒否する。
ミショーンは木の上からナタニアにライフルの照準を合わせる。

タラはミショーンに撃ってはいけないと叫ぶ。
リックはナタニアにタラを話さないと死ぬことになるぞという。

ナタニアは、私たちは戦わない。誰も失いたくないという。
その後ろでシンディは住人達に「この人たちは救世主と戦うつもりよ」という。
タラはあなたたちの銃があれば救世主に勝てるという。

シンディはナタニアに「もう終わりよ。話し合いましょう」というが、ナタニアは「終わりじゃないわ」と叫ぶ。
その時、森からウォーカーの群れが迫ってくるのを見つけたミショーンは「リック!ウォーカーよ!」と叫ぶ。

気を取られたナタニアを突然シンディが殴り倒す。
ウォーカーたちが森の中からリックたちに迫ってくる。

リックたちは銃を構え、住人達を後ろに逃がし、その中のビートリスにナイフを渡し、ウォーカーを倒していく。
リックと浜辺の住人達は銃とナイフでウォーカーたちを一掃する。

ビートリスはリックにナイフを返し、リックと握手を交わす。

ナタニアは私たちは戦わない。だから銃を持って出て行けといいその場を立ち去る。。。

サンクチュアリで囚われのサシャ

サシャの独房に再び現れるニーガン。
そこには転化したデビッドの頭にナイフを突き刺し始末したサシャの姿があった。

サシャは「あなたの勝ちよ」という。
しかしニーガンは君の勝ちだという。
そして、デビッドの頭に突き刺さったナイフを引き抜きニーガンは言う。

君を完全に信じたわけじゃない。
部下の話によるとリックと周りの連中はよからぬことを考えているようだ。手伝ってくれ。俺たちが勝つってところを見せてくれという。

ヒルトップではグレゴリーが不審な動きを見せる

グレゴリーは自分のオフィスで彩文にもらったメモをみていた。
そこにはある場所を指す地図があった。

グレゴリーは側近の住人を呼び出し、連れて行ってほしい場所がある。荷物をまとめろというのであった。。。

サシャの独房にユージーンが扉越しに話しかける。
サシャはユージーンに言う。

私にはできない。外で救世主たちに傷つけられている仲間に怒っていることを受け入れられない。助けてほしいと。
するとユージーンは君を助けるという。
サシャは覚悟はできている、ナイフでも銃でも何でもいいからほしい。私は死なないといけないとユージーンに伝える。

ユージーンは考えてみるといいその場を去る。
サシャは意味深げに笑みを浮かべる。。。

浜辺の村で銃を運ぶリックたち

その頃、浜辺の村ではリックたちが銃を運び出していた。
ゲイブリエルはリックに銃は全部必要か?というが、リックは全部だという。

タラはシンディにすべて終わったら返しに来るという。シンディは私も一緒に行きたい。
自分のほかに数人の住人も行きたがっているという。

タラはナタニアは?と聞くとシンディは横になっている。ちょっと殴りすぎたわという。
タラは救ってくれてありがとうといいその場を去っていく。

シンディはタラを呼び止め、「ありがとう。戦ってくれて」という。
そこにレイチェルが近寄ってきて「(武器を)いくつか置いていって」という。
するとタラは「だめ。じゃあね。」といい中指を立てる。

村を出ていく途中リックはタラに大丈夫か?というと彼女は「ええ。自分を責めないわ」というのであった。。。

サシャに毒薬を持ってくるユージーン

ユージーンが来るのを待つサシャ。
そこにユージーンの影が。

ユージーンは前回の話について熟考し、サシャの要求に答えるという。
そして彼は独房の扉のしたから毒薬を差し入れる。

ユージーンはいう。摂取してから20~30分で確実に死に至ると。
それを見て落ち込むサシャ。

ユージーンはサシャに君の心はここにはない。だが行ってほしくはないといい独房から去っていく。。。

アレキサンドリアに帰ってきたリックの前に現れた思いもよらない人物!?

夜、アレキサンドリアに帰ってきたリックたち。
ゲートを開けるとそこにはロジータの姿が。

ロジータはリックたちに「客が来ている」といい独房に案内する。
するとそこにはドワイトの姿が。

ダリルは襲い掛かろうとするがリックたちに止められる。
リックは「落ち着け」という。

ロジータは「手伝いたいって」という。
リックはドワイトを見て「本当か?協力したい?」と聞く。

ドワイトは「そうだ」と答える。

リックは「わかった」といい、銃をドワイトに突きつける。

「ひざまずけ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ