ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『わが谷は緑なりき』家族愛を描いたアカデミー賞作品

更新日:

ジョン・フォード監督が製作した1941年の名作です。
観るたびに何度も大泣きしてしまう超感動もので、炭鉱の町で働く一家が不況やリストラ、事故などで離ればなれになり、そんな出来事を一番下の息子ヒューの目線で描いた映画です。

素晴らしい人間ドラマと、今のハリウッド映画ではなかなか作れない素晴らしい名作映画です。

※おすすめ動画配信コンテンツ
Hulu【公式サイト】

dTV【公式サイト】

第14回アカデミー賞最優秀作品賞 『わが谷は緑なりき』( How Green Was My Valley)

最高の家族愛の映画。その他、監督賞、初演男優賞、撮影賞、美術賞、室内装置賞を受賞。
また、米国連邦議会図書館がアメリカ国立フィルム登録簿に登録された名作です。。


炭坑のストライキ、失業、家出、政略結婚、いじめ、母重体、父他界と様々な苦難が一家を襲う

それでも家族が寄り添い、励まし合って苦難を乗り越えていく。
物語は少年ヒューの視点で描かれているがこんな状況の中ヒューは“わが谷は緑なりき”と超前向きandポジティブ。

彼がその強い信念を持つこともできたのも『家族愛』があった為だろうが、現代っ子なら完全にヤンキーになってますよ。

あらすじ

ギリム・モーガン一家は10歳の末っ子ヒューをのぞき、全て炭坑で働いており、平和な日々を過ごしていた。
ある日、会社から賃金を引き下げられたことから息子たちは組合を作ろうと父と対立。

やがて、ストライキが起こり、反対していた父は仲間たちから避難を浴びる。
吹雪の中の野外集会で夫を避難する連中をなんとかやり込めた母は帰りに川へ落ち、助けようとしたヒューは重傷の凍傷になってしまう。。。

1/3 J.Ford 「わが谷は緑なりき」 描かれていたケインズ「非自発的失業」
C'est Si Pont ジョン・フォード わが谷は緑なりき  1941年公開 20世紀フォックス the involuntary unemployment detected by J.M.Keynes given vivid reflections in the movie of " How Green was My Valley " by John Ford 1941. ジョン・フォード John Ford 1894年2月1日 生 - 1973年8月31日) 79歳 没 ジョン・メイナード・ケインズ John Maynard Keynes    1883年6月5日 生 - 1946年4月21日) 62歳 没

1/3 J.Ford 「わが谷は緑なりき」 描かれていたケインズ「非自発的失業」

※動画配信コンテンツ選びに困ったときはこちらがおすすめ!
⇒最新おすすめの動画配信サービスと無料視聴期間を徹底比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.