ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

【Juniper】Junosのスタティックルートの書き方変わったね

更新日:

いつの間にかJuniperのスタティックルートのコマンドが変わったように思えます。
なんか、IPv6の設定に近くね?って思ってるんですが。

以前はこんなコマンドあったかなって思うところがあったのでメモっておきます。


Linuxアカデミーの資料が無料請求
リナックスアカデミー【公式サイト】

自宅で無料でオンラインブートキャンプができるようになりました!
オンラインブートキャンプ無料体験

IT系エンジニアNo1転職サイト
レバテックキャリア【公式ホームページ】

スポンサーリンク


私の記憶が正しければJunosのスタティックルートのコマンドが変わっている

設定コマンド事態は変わってはいないけど、コンフィグ表記はやっぱり変わってますね。

Junos9.xx

routing-options {
rib inet6.0 {
static {
route 2000:xxx:ff00:xxx::/64 next-hop 2000:111:ff00:200::2;
static {
route 0.0.0.0/16 next-hop 1.1.1.1;

Junos10.xx以降

routing-options
rib inet6.0 {
static {
route 2001:xxx:0:xxxx::/64 next-hop 2001:xxx:0:xxxx:xxxx:xxxx:xxx:1;
rib inet.0 {
static {
route 0.0.0.0/16 next-hop 1.1.1.1;

以前までは、IPv4スタティックルーティングの設定は「rib inetxx」ってついていなかったけど、今はついてるのね。。。

IPV6の形式に合わせたんでしょうか。まぁ見やすさがよくなったってことでよいか。

ということでただのメモ書き。

ついでにスタティックルートの設定記事は以下からどうぞ。

Juniper Static設定(デュアルスタック)これさえ押さえておけば大丈夫。簡単設定!

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-ネットワーク技術
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.