Ansibleインストール_Docker(CentOS8)コンテナ環境


Dockerコンテナ上でCentOS8を構築し、Ansibleをインストールしたので手順を作成しました。

DockerコンテナでCentOS8の構築手順は以下のページを参考にしてください。

【Docker】CentOS7,8をコンテナ上で動作とSSHアクセスまで

2020年2月29日

Dockerコンテナ(CentOS8)環境にAnsibleインストール

以下では、Dockerコンテナ(CentOS8)環境を構築し、その環境下でAnsibleをインストールした手順となります。

ちなみにAnsibleのインストールは以下の様な方法があります。

  • 「yum」コマンド、「apt-get」コマンドなどのパッケージインストール
  • Pythonを利用した「pip」インストール
  • ソースコードのインストール

上記、どの方法でインストールをしてもAnsibleの機能に差分はありません。
今回は、この中から「yum」インストールの方法をまとめます。

Ansibileを「yumインストール」する

yumコマンドはRed Hat系LinuxのRPMパッケージを管理するシステムで、CentOSでも対応しています。

また、最新のAnsibleのバージョンをインストールするには「EPEL」リポジトリを有効にしておく必要があります。
EPELは「Fedoraプロジェクト」が公開している、通常のbaseリポジトリには含まれない最新のパッケージをまとめているリポジトリとなります。

インストール手順は以下となります。


ログインユーザーを「スーバーユーザー(su)」へ変更

yumインストールを実行する前に権限のあるログインユーザーをスーパーユーザーへ変更します。
※sudoコマンドを使っても良いですが、今回は以下で実施。

$ su -
Last login: Sat Sep 12 01:59:56 UTC 2020 from 172.17.0.1 on pts/1
[root@93f3d6ddfadd ~]# 
[root@93f3d6ddfadd ~]# 

プロンプトの表記が見にくいので以下に変更

[root@93f3d6ddfadd ~]# PS1="$ "
$ 

yumコマンドを使用して、EPELリポジトリからAnsibleをインストール

まずは事前に「EPEL」のyumインストールを実行します。

$ yum -y install epel-release
Last metadata expiration check: 0:50:45 ago on Sat 12 Sep 2020 01:55:56 AM UTC.
Dependencies resolved.
==============================================================================================================
 Package                       Architecture            Version                  Repository               Size
==============================================================================================================
Installing:
 epel-release                  noarch                  8-8.el8                  extras                   23 k

------中略------

Installed:
  epel-release-8-8.el8.noarch                                                                                 

Complete!
$ 

正常に「EPEL」のインストールが完了したら、以下で「Ansible」をyumインストールします。

$ yum -y install ansible
Extra Packages for Enterprise Linux Modular 8 - x86_64                         83 kB/s | 117 kB     00:01    
Extra Packages for Enterprise Linux 8 - x86_64                                2.7 MB/s | 8.0 MB     00:02    
Dependencies resolved.
==============================================================================================================
 Package                     Architecture  Version                                     Repository        Size
==============================================================================================================
Installing:
 ansible                     noarch        2.9.13-1.el8                                epel              17 M
Installing dependencies:    

------中略-----


Complete!
$ 

上記で「Compete!」と表示されれば正常にインストールされたことになります。

Ansibleのバージョン確認

Ansibleをインストールご以下のコマンドでバージョンの確認をします。

$ ansible --version
ansible 2.9.13
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = ['/root/.ansible/plugins/modules', '/usr/share/ansible/plugins/modules']
  ansible python module location = /usr/lib/python3.6/site-packages/ansible
  executable location = /usr/bin/ansible
  python version = 3.6.8 (default, Apr 16 2020, 01:36:27) [GCC 8.3.1 20191121 (Red Hat 8.3.1-5)]
$ 

以上で、Ansibleのインストールは完了となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!