PyCharmインストールと日本語プラグイン適用まで(Mac編)


PyCharmはPython統合開発環境のツールです。
Pythonの統合環境であるPyCharmは豊富な機能がデフォルトで備わっていますし、視覚的にデバッグなどの操作が可能となり、コードの保管や変数の参照元へのジャンプなどが優秀です。

PyCharmは以下の2つをインストールすることができます。

  • 有料版「Professional Edition」
  • 無料版「Communiry Edition」

有料版は1ヶ月1,000円ほどとなっており、年間契約をすると2年目割などがあります。

無料版ではでバックはできますし、Pythonの開発に必要な機能は十分に揃っています。
今回は、無料版のPyCharmのインストール手順を紹介します。


Python開発環境「PyCharm」ダウンロード・インストール方法(MacOS)

PyCharmをインストールするには、以下の公式サイトにアクセスし最新のインストーラーをダウンロードします。

PyCharmのダウンロードサイトにアクセス
https://www.jetbrains.com/ja-jp/pycharm/

PyCharmの公式サイトへアクセス後、画面右上にある「ダウンロード」をクリックします。

Windows、Mac、Linuxのインストーラーダウンロードのページに移るので、「Mac」を選択し、「Community」から「Download」をクリックします。

ダウンロードが実施されると、以下のようにページが切り替わり、インストーラーのダウンロードを開始します。

今回のインストーラーは2020年6月時点での最新版「pycharm-professional-2020.1.2.dmg」となります。

ダウンロードの保存先を選択し、ダウンロードを開始します。

ダウンロード完了後、以下のようにインストーラーが該当フォルダに保存されます。

PyCharmインストール

ダウンロードしたPyCharmのインストーラーをクリックし、インストールを開始します。

以下のようなポップアップが表示されるのでPyCharmのアプリを「Applications」へドラッグアンドドロップするとインストールを開始します。

正常にインストールされると以下のように「アプリケーション」配下でPyCharmのアプリが保存されます。


PyCharm起動

上記でPyCharmをインストール後は起動します。
インストールしたPyCharmを起動すると以下のようなポップアップが表示されるので、チャックボックスにチェックを入れ、「Continue」をクリックします。

上記、確認後PyCharmは起動します。

PyCharmの日本語化

PyCharmはデフォルトで日本語表示となっていません。
日本語表示にしたい場合は、プラグインを適用します。

PyCharmの日本語化プラグインは以下のサイトからダウンロードします。
https://mergedoc.osdn.jp/

アクセス先のページ中間くらいに以下のように、Windows、Mac、Linuxの日本語プラグインが用意されています。
今回はMacの日本語化プラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを展開すると、以下のようなファイルがあります。
「setup.app」をクリックし、セットアップを開始します。

セットアップツールが起動するので、「選択」から、アプリケーションは以下に保存したPyCharmアプリを選択し、「日本語化する」をクリックします。

成功すると以下のようなポップアップが表示されます。

再度、PyCharmを起動すると以下のように日本語化されていれば成功です。

※PyCharmが起動したままセットアップを行った場合は、一回PyCharmを終了させて、再度起動します。

PyCharm(Mac)のインストールは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!