【Python】繰り返し処理「for文」の動作と使い方


Pythonのプログラミングの中で、同じことを繰り返す処理があります。
以下ではfor文を使った繰り返し処理について説明します。


【Python】プログラミングの繰り返し処理「for文」について

プログラミングの繰り返し処理は、「複数のデータに対して同じ処理を繰り返し処理する」ことをいいます。
繰り返し処理の例としては以下が挙げられます。

  • メーリングリストのユーザー全てにメールを送付する
  • 買い物カゴの商品全ての合計金額を出す
  • クラス全員分の平均点を出す

for文の書き方

for文では「in」の後に「繰り返し処理の対象となるデータ群」を配置します。
このデータ群は、「リスト」や「タプル」のデータ、文字列のことを言います。

このデータ群が、左から一つずつ順番にinの前の変数へ代入され、その後、「変数で実行処理」されます。
最後のデータが処理にかけられるまで、for文は繰り返し、処理を続けます。

以下がfor文の書き方となります。

test_list = [1, 2, 3, 4, 5]


①  ②  ③    ④
for test in test_list:
____変数を使った実行処理
  1. forキーワード
  2. 変数
  3. inキーワード
  4. 繰り返し処理するデータ群

forキーワードはfor文の開始を定義します。
その後の繰り返しで実行する初をまでを含めてfor文となります。

for文はデータを一つずつ順番に処理をする

for文はリストに格納されたデータを一つずつ処理していきます。
以下のfor文のプログラムでは「number_list」の0番目である「100」がnumber変数に代入されます。
次に、「print(‘数値は’, number, ‘です。’)」と言う処理が実行されます。

number_listの最後の「300」が代入されるまでfor文内のprint()処理を繰り返します。

number_list = [100, 200, 300]
for number in number_list:
    print('数値は', number, 'です。')
print('繰り返し終了')

実行結果

$ python3 for_test_2.py 
数値は 100 です。
数値は 200 です。
数値は 300 です。
繰り返し終了
$

【for文】テストの平均点を出力するプログラム

以下では「for文」を使ったテストの平均点を出力するプログラムを作成します。

まずは、「test_for.py」と言うファイルを作成します。
プログラムは以下となります。

test_list = [65, 86, 98, 77, 75]         ①
total = 0                      ②
for test in test_list:
    total = total + test             ③
number_of_subjects = len(test_list)       ④
average = total / number_of_subjects      ⑤
print('合計点は{},平均点は{}です。'.format(total, average))  ⑥
  1. リストを作成
  2. 合計点数を計算するため、0を代入して初期化
  3. test変数で点数を足していく
  4. len()関数により、「test_list」の値の個数を取得 ※ここでは「5」つ
  5. 合計点を全体の個数で割り、平均点を出す
  6. 合計点と、平均点の結果を出力

実行結果

$ python3 「test_for.py
合計点は401,平均点は80.2です。

for文は何かと使うことが多いので、頭にしっかり入れておきましょう。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!