【Python】ファイルを読み込んだプログラムの作成


Pythonのプログラムではデータと処理を別々のファイルに分け、データが書かれたファイルから、処理が書かれているプログラムでファイルを読み込み処理をすることが出来ます。

ファイルの読み込みは以下の3ステップで実行する流れとなります。

  1. 開く
  2. 読む
  3. 閉じる

「Python」データを別ファイルで作成したプログラムの作成

プログラムでは、規模の大きなシステムになると複数のファイル間でデータをやり取りすることもできます。

以下では、Pythonのプログラムを記述したファイルに書き込んでいたデータで標準入力を取得していたように、データを別ファイルから読み込んで処理する方法を紹介します。

ファイルデータは「open()関数」でファイルを開く

プログラムにおいて、ファイル内のデータを読み込むには、ファイルを開く動作をプログラムから実施します。

Pythonではopen()関数でファイルを開きます。
ファイルに関数の戻り値を変数に代入しておき、そのメソッドでファイルを操作します。

read_file = open('test.txt')


ファイルを開いた後はメソッドでファイルを操作

上記でopen()関数でファイルを開いた後、これからファイル内のデータを読み込みます。
ファイル内のデータを読み込むには、read()メソッドを使用します。

ファイルを使い終わった後は、プログラムから開いたファイルを閉じる必要があります。
この時、ファイルをopen()したら、必ずclose()をしましょう。

この開閉の動作は重要です。
コンピューターがファイルを同時に開くことができる数には上限があります。
ファイルを閉じることをしない場合は、ファイルが開けなくなる不具合が発生する場合があります。

ファイルの中身を読み込むread()メソッド

data = read_file.read()

上記では読み込んだデータを入れる変数「data」に、read()メソッドでファイル内のデータを読み込みます。

ファイルを閉じるclose()メソッド

read_file.close()

ファイルを読み込むプログラム

以下ではデータを書き込んだファイルを読み込むプログラムを作成します。
まずはプログラムで読み込む対象のファイルを作成します。

ファイルの中身は名前と3教科の点数を作成します。
さらに名前と点数をカンマ区切りで入力します。

※test.txt

Kobayashi, 90, 100, 95
Tanaka, 87, 96, 76
Sato, 69, 97, 86

次にプログラムを作成します。
以下では、上記で作成した「test.txt」を読み込んでデータを取り出すプログラムとなります。
ファイル名「open00.py」となります。

read_file = open('test.txt')   ①
data = read_file.read()      ②
read_file.close()          ③
print(data)             ④
  1. ファイルを開く
  2. データを読み込む
  3. ファイルを閉じる
  4. データ表示

プログラム実行

以下で作成したプログラムを実行します。
実行結果では、「test.txt」の中身が読み込まれて正常に中身のデータを出力した結果となります。

$ python3 open00.py 
Kobayashi, 90, 100, 95
Tanaka, 87, 96, 76
Sato, 69, 97, 86

ファイルの読み込みプログラムを使用する頻度は高いのでぜひ覚えておきましょう。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!