【Python】defを使用した「関数」のプログラム作成


Pythonでもプログラムを追加していくとプログラム自体が長くなり、全体が見にくくなってしまったり、間違っている箇所や編集する箇所がわかりずらかったりします。

このような時は、「機能」のまとまりをグループ化する関数を作成すると便利です。
関数では、プログラムを機能ごとに分割して、全体の動作をわかりやすくすることができます。


関数の作り方(def)

関数を作成するには「定義(define)」の略語「def」を使用します。
この「def」の後に関数名を指定し、カッコ内に関数の引数を指名します。

関数を終了して呼び出しに戻る際に戻り値を「return文」で指定します。

関数の作成

def add (command):
①   ②     ③    ④

左から、以下のように設定することで関数を作成します。

  1. defキーワード
  2. 関数名
  3. 引数
  4. コロン

return文

return total

return文は左から、returnキーワード、戻り値となります。
「total」は戻り値となるのでここでは任意のキーワードが入ります。

関数の呼び出しプログラム

以下では実際に関数を呼び出すプログラムを作成しています。
ここでは2つの数値(a, b)を受け取って加算した結果を返す、add()関数を作成します。

add()関数を呼び出す側「total1」、「total2」で引数を入れることにより、結果が出力されます。

※ def_test.py

def add(a, b):
    total = a + b
    return total

total1 = add(5, 10)
print(total1)

total2 = add(100, 200)
print(total2)

※ 実行結果

$ python3 def_test.py 
15
300
$ 


関数の定義は関すの呼び出し前にすること

上記のプログラムを見てわかるように、関数の定義は呼び出し前にあらかじめ作成をすることがルールです。
関数の定義前に、呼び出しのプログラムを書き実行するとエラーが発生します。

必ず、関数の定義(def)は呼び出し前に書くことを覚えておきましょう。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!