【Python】openpyxlを使用したエクセルシート削除方法


Pythonでライブラリ「openpyxl」を使用したエクセルファイル内の「シート」の削除方法をまとめました。

「openpyxl」をしようしたエクセル「シート」削除コード

今回はエクセルファイル内の対象のシート「Sheet1」を削除するためにPythonライブラリの「openpyxl」を使用します。

コマンドは「remove」コマンドを使用して削除を実施します。
以下のコードは動作確認もしているので参考にしてください。

※ python excel_rm_01.py

import openpyxl

#対象エクセルシートの読み込み
wb = openpyxl.load_workbook('data.xlsx')

#不要なシートの削除
wb.remove_sheet(wb.get_sheet_by_name('Sheet1'))
wb.get_sheet_names()

wb.save('data.xlsx')
  • 1行目:「openpyxl」をインポート
  • 4行目:エクセルファイルを読み込み
  • 7-8行目:エクセルシート「Sheet1」を削除
  • 10行目:エクセルファイルを保存

エクセルシート削除実行結果

上記プログラムを以下にて実行をします。

※ 実行結果

PS C:\Python> python excel_rm_01.py
.\parameter_01.py:80: DeprecationWarning: Call to deprecated function remove_sheet (Use wb.remove(worksheet) or del wb[sheetname]). 
  wb.remove_sheet(wb.get_sheet_by_name('Sheet1'))

※ 実行前

※ 実行後

「実行前」と「実行後」でエクセルの削除対象シートが削除されていることが確認できます。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!