【Python】openpyxlの罫線の書き方コードと種類


Pythonのライブラリ「openpyxl」を使用して、エクセルに罫線を書くコードと罫線の種類をまとめました。

現在(2020年4月時点)でのopenpyxlの罫線の種類は以下となります。

  • 「thin」実線(細)
  • 「midium」実線(中)
  • 「thick」実線(太)
  • 「double」二重線
  • 「hair」細かい点線
  • 「dotted」点線
  • 「dashed」破線
  • 「mediumDashed」中太破線
  • 「dashDot」一点鎖線
  • 「dashDotDot」二点鎖線
  • 「slantDashDot」斜め破線

「openpyxl」ライブラリで罫線を作成するコードと罫線の種類まとめ

Pythonでエクセルを作成・編集するコードを書く場合は、「openpyxl」ライブラリをインストールします。
インストールは「pip install openpyxl」を実行します。

openpyxlインストール後、以下のコードの通り、トップの行に「import」でopenpyxlライブラリを指定します。

※excel_line.py

import openpyxl as px
from openpyxl.styles import Border, Side

book = px.Workbook()
book.save('sample.xlsx')

wb = px.load_workbook('sample.xlsx')
ws = wb['Sheet']
 
side1 = Side(style = 'thick', color='000000')
 
for rows in ws['A1':'D5']:
    for cell in rows:
        cell.border = Border(left = side1, right = side1, top = side1, bottom = side1)

wb.save('sample.xlsx')
print('罫線の記載完了')

罫線の種類を変更する際は、「10行目」の「style」を変更するだけです。
※今回は「thick」太線を指定しています。

※プログラム実行

PS C:\> python excel_line.py
罫線の記載完了
PS C:\> 

以下では、styleのタイプごとにそれぞれの罫線の種類を表示しました。

「thin」実線(細)

「midium」実線(中)

「thick」実線(太)

「double」二重線

「hair」細かい点線

「dotted」点線

「dashed」破線

「mediumDashed」中太破線

「dashDot」一点鎖線

「dashDotDot」二点鎖線

「mediumDashDot」中太一点鎖線

「mediumDashDotDot中太二点鎖線

「slantDashDot」斜め破線

以上が現在Pythonライブラリ「openpyxl」で利用できる罫線の種類となります。
罫線のタイプをどれにするのか迷った際は参考にしてください。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!