【CentOS8】システムの文字コードを日本語に設定する方法


CentOS8ではシステムの文字コードを日本語対応にする方法をまとめました。

「CentOS8」システムエンコードを日本語対応にする方法

CentOS8ではデフォルトのシステムの文字コードは英文文字となっています。
vi/vimでファイル編集する際に日本語で編集すると文字化けすることがあります。

以下では、システムの文字コードを日本語「UTF-8」に変更する手順となります。

システムの文字コードを変更するコマンド「localectl」を実行

centOS8においてシステムの文字コードを変更する場合は以下の様に「localectl」コマンドを実施します。

現在のシステムの文字コード確認

$ localectl 
   System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: jp
      X11 Layout: jp
$ 

文字コードのリストを確認

$ localectl list-locales 
C.utf8
en_AG
en_AU
en_AU.utf8
en_BW
en_BW.utf8
en_CA
en_CA.utf8
en_DK
en_DK.utf8
en_GB
en_GB.iso885915
en_GB.utf8
en_HK
en_HK.utf8
en_IE
en_IE.utf8
en_IE@euro
en_IL
en_IN
en_NG
en_NZ
en_NZ.utf8
en_PH
en_PH.utf8
en_SC.utf8
en_SG
en_SG.utf8
en_US
en_US.iso885915
en_US.utf8
en_ZA
en_ZA.utf8
en_ZM
en_ZW
en_ZW.utf8
$ 

日本語パッケージをインストール

デフォルトでは日本語の文字コードは無いため、日本語パッケージをインストールします。

$ dnf -y install langpacks-ja

システムの文字コードに日本語を適用

次に文字コードを日本語化します。
コマンドは以下となります。

$ localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8

上記コマンドを実行後、以下で文字コードが日本語に反映されていることが確認できます。

$ localectl 
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: jp
      X11 Layout: jp
$ 

リストにも日本語が追加されていることが確認できます。

$ localectl list-locales 
C.utf8
en_AG
en_AU
en_AU.utf8
en_BW
en_BW.utf8
en_CA
en_CA.utf8
en_DK
en_DK.utf8
en_GB
en_GB.iso885915
en_GB.utf8
en_HK
en_HK.utf8
en_IE
en_IE.utf8
en_IE@euro
en_IL
en_IN
en_NG
en_NZ
en_NZ.utf8
en_PH
en_PH.utf8
en_SC.utf8
en_SG
en_SG.utf8
en_US
en_US.iso885915
en_US.utf8
en_ZA
en_ZA.utf8
en_ZM
en_ZW
en_ZW.utf8
ja_JP.eucjp
ja_JP.utf8
$ 

簡単なコマンドを実施し、以下の様に日本語対応になっていることを確認します。

$ passwd
ユーザー root のパスワードを変更。
新しいパスワード:     

※システムの文字コードが反映されるまで少し時間がかかるので、すぐに反映させたい場合はシステムの再起動を実施しましょう。

以上がCentOS8におけるシステムの文字コードを変更する方法となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!