FreeBSD nkfのビルド Ports install。日本語を使う際に役に立つコマンドです!


FreeBSDで日本語を使いたいって時に役立つパッケージを紹介します。
FreeBSDは初心者には情報が少なく結構難しいと感じるので、初めにCentOSから始めるのもおすすめします。

ある程度Linux系のコマンドや構成を理解してFreeBSDを実施するのもいいかもしれません。

しかし、自分はFreeBSDからだ!という方は是非触ってみてくださいね!


とりあえずnkfってなに?簡単に説明

nkfはNetwork Kanji Filterの略で、日本語を扱う際に役に立つコマンドであります。

pkg_addを使う為には、その正確なパッケージ名を先ず知る必要があります。
このnkfの正確なパッケージ名は、ja-nkfであるがfind等で検索しても見当がつかないんです。(日本語関係のパッケージは、ja-が先頭につく)

それでは、ここでPorts Collectionを利用してビルドしよう

実際には、pkg_add -r ja-nkfでインストール可能

$ cd /usr/ports/japanese/nkf
$ make config

CUIメニューが無い為に次のメッセージが表示される
===> No options to configure

依存パッケージチェック

$ make all-depends-list
依存パッケージが無い為、何も表示されない。

インストール前に問題は起きないか事前にチェック。

$ make | tee makelog.txt
次の様にビルドが進む
teeコマンドにより、画面とmakelog.txtに出力される。
===>  Extracting for ja-nkf-2.1.2,1
=> SHA256 Checksum OK for nkf-2.1.2.tar.gz.
===>  Patching for ja-nkf-2.1.2,1
===>  Applying FreeBSD patches for ja-nkf-2.1.2,1
===>  Configuring for ja-nkf-2.1.2,1
===>  Building for ja-nkf-2.1.2,1
cc -O2 -pipe -fno-strict-aliasing  -c nkf.c
cc -O2 -pipe -fno-strict-aliasing  -c utf8tbl.c
cc -O2 -pipe -fno-strict-aliasing  -o nkf nkf.o utf8tbl.o./nkf -e nkf.1j > nkf.1j.euc

問題ない為、インストール実施

$ make install | tee installlog.txt


まとめ

FreeBSDの日本語対応だけでも検索してなかなか見つからなかったので、自分で作成しました。
インストール後の出力結果等は取っていないのでそのうち追記します。

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!