FreeBSD DNSサーバー(bind)のインストール。初心者でもすぐに設定!


FreeBSDでのDNS(bind)インストール手順をメモります。
手順の流れとしては、インストール前にPorts Collection を最新にしておけば問題なくいけるはずです。


Ports Collection を最新にする

portsnap fetch
portsnap update

portsの検索

DNSサーバーとしてbindを使用するが、whereisで検索してもヒットしない
ワイルドカードを使用して検索を行なう。

find /usr/ports -type d -name bind\*

このように検索すると、次の結果が表示される。

/usr/ports/dns/bind-tools
/usr/ports/dns/bind96
/usr/ports/dns/bind97
/usr/ports/dns/bind97-sdb
/usr/ports/dns/bind98
/usr/ports/dns/bind99
/usr/ports/dns/bindgraph
/usr/ports/net/bindtest

今回は、bind99をビルドする。

依存するパッケージの確認

依存するパッケージは、CUIでの設定で変わってくる。
その為、事前にCUIによる設定を行なう

cd /usr/ports/dns/bind99
make config

そして、次のコマンドを使って依存するパッケージを表示する。

make all-depends-list | cut -d/ -f5

次の7つが依存するパッケージとして表示される。但し、CUIでの設定により依存するパッケージの増減がある。

libxml2
idnkit
gmake
pkg-config
libiconv
gettext
libtool

依存するパッケージのインストール

特に最新のソースからビルドしてインストールする必要が無いならバイナリーのパッケージをインストールする

pkg_add -r libxml2 idnkit gmake pkg-config libiconv gettextlibtool

パッケージのビルド

ビルドを行なう際に、様々なメッセージが流れていく。
この時に、大事なメッセージを見逃す場合がある為、teeコマンドで同時にログも取るようにする。

make | tee makelog.txt

makelog.txtを見て問題が無ければインストールを行なう。

make install | tee installlog.txt

最後にinstalllog.txtを見て問題が無ければインストール完了である。

まとめ

FreeBSDは一度インストールを間違ってしまうと、初心者ではどうしようもない状態になってしまうことが多々あります。
初心者なのにエラーの内容なんてわけがわかるわけない!

何度も確認し、一つ一つ確実にコマンドを実行していきましょう。

以上です。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(07/06 17:11時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!