【Windows】ADサーバで外部NTPと時刻同期ができないときの解決方法


WindowsサーバでADを構築したのですが、構築後、外部のNTPサーバへの時刻同期ができない、設定箇所がなくなったかたは今回の解決方法を参考にしてください。

Windowsサーバで外部NTPサーバと同期する設定コマンド「w32tm」

WindowsサーバでGUIでNTPサーバを同期できない場合は、「w32tm」コマンドを使用して同期します。

コマンドは以下の通りとなります。

事前確認ではローカルの時刻を参照しています。

C:\Windows\system32>w32tm /query /source
Local CMOS Clock

外部NTPとの同期コマンド実行

外部NTPサーバへの同期コマンドは以下となります。

  • 外部NTPサーバ:10.0.0.123
C:\Windows\system32>w32tm /config /manualpeerlist:10.0.0.123,0x8 /syncfromflags:manual /reliable:yes /update
コマンドは正しく完了しました。

以下、コマンドで再同期を実施します。

C:\Windows\system32>w32tm /resync /rediscover
再同期コマンドをローカル コンピューターに送信しています
コマンドは正しく完了しました。


外部NTPサーバとの同期後の確認

上記のコマンドを正常に実行できたら以下でステータスを確認します。

NTPサーバの問い合わせ先が外部サーバーに変更されていることを確認します。

C:\Windows\system32>w32tm /query /source
10.0.0.123,0x8

問い合わせ先のNTPサーバの数とステータスを確認します。

C:\Windows\system32>w32tm /query /peers
ピア数: 1

ピア: 10.0.0.123,0x8
状態: アクティブ
残り時間: 9.9653575s
モード: 3 (クライアント)
階層: 0 (未指定)
ピアポーリング間隔: 0 (未指定)
ホストポーリング間隔: 6 (64s)

上記で、外部サーバへ問い合わせ先が変更され、状態もアクティブであれば正常に同期されたことが確認できます。

Windowsサーバで外部NTPに接続ができないときは参考にしてください。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!