【WindowsServer2019】SQLServer2019 Expressインストール手順

WindowsServer2019を構築し、そこにSQLServer2019Expressをインストールしたのでメモしておきます。

※このインストールは事前にインターネットにアクセスできる環境が必要となります。

SQLServer2019 Expressインストール「Windows2019」

SQLServer2019 Expressは無償版でデータベースを使用することができます。
この無料版ですが、マイクロソフトの公式ホームーページから簡単にインストーラーをダウンロードすることが可能です。

「SQLServer2019 Express」ダウンロード先は下記リンクから
https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

「SQLServer2019 Express」インストーラーダウンロード・インストール

上記でも紹介しましたが、「SQLServer」を無料で使用したい場合は「Express」を使用します。
まずは、ダウンロード先のリンクにアクセスします。

ページ中間あたりに以下の「または、無料の専用エディションをダウンロード」から「Express」の「今すぐダウンロード」をクリックします。

インストーラーを任意の場所にダウンロードし、実行します。

以下のようにインストーラーの画面が表示されます。
今回は標準のインストールをするので「基本」をクリックします。

ライセンス条項の同意画面が表示されるので内容を確認し「同意する」をクリックします。

インストールの場所を指定(今回はデフォルトの場所)し、「インストール」をクリックします。

「SSMS」をインストール

「SSMS」はSQLServer2019を利用する際に必要なデータベース管理ツールとなります。
上記のインストールが完了すると、以下の画面が表示されるので「SSMSのインストール」をクリックします。

上記でクリックするとマイクロソフト公式ページにアクセスします。
アクセス先のページから「SQL Server Management Studio(SSMS)のダウンロード」をクリックし保存します。
その後、ダウンロードしたファイルを「実行」します。

ダウンロードしたファイルを実行すると以下のようにインストーラーが立ち上がるので「インストール」をクリックします。

正常にインストールすると以下の画面になるので「再起動」をします。

SQLデータベースを確認

再起動後、正常にインストールされているか、Windowsマークから確認します。
以下のように「SQL Server 2019構成マネージャー」があればOKです。

構成マネージャーを起動すると以下のようなデータベースの画面となります。

「SQLServer2019 Express」のインストールは以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

blank
げんき☆ひろき
インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!