DHCPサーバー構築手順(CentOS8)最新版


CentOS8の最新版でDHCPサーバーを構築したのでメモをしておきます。

今回のCentOS8のバージョンは以下となります。

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core) 

DHCPサーバーインストール構築(CentOS8)

DHCPサーバーをインストールするには以下「yum」コマンドでパッケージインストールを実行します。

$ yum -y install dhcp-server

DHCPサーバーコンフィグ設定

上記DHCPサーバーインストール後、以下フォルダに移動します。

$ cd /etc/dhcp/

該当フォルダは以下に「dhcpd.conf」が作成されています。

$ ll
合計 12
-rw-r--r--. 1 root root 513  4月 24  2020 dhclient.conf
drwxr-xr-x. 2 root root   6  4月 24  2020 dhclient.d
-rw-r--r--. 1 root root 123  4月 24  2020 dhcpd.conf
-rw-r--r--. 1 root root 126  4月 24  2020 dhcpd6.conf

「dhcpd.conf」ファイルを以下のように編集します。

$ vim dhcpd.conf

編集内容は以下の通りとなります。

#
# DHCP Server Configuration file.
#   see /usr/share/doc/dhcp-server/dhcpd.conf.example
#   see dhcpd.conf(5) man page
#

# ドメイン名指定
option domain-name     "example.com";

# ネームサーバーのホスト名, または IP アドレス指定
option domain-name-servers     192.168.1.200;

# デフォルト貸出期間
default-lease-time 600;

# 最大貸出期間
max-lease-time 7200;

# 正当な DHCP サーバーであることの宣言
authoritative;

# ネットワークアドレスとサブネットマスク指定
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
    # 貸し出す IP アドレスの範囲指定
    range dynamic-bootp 192.168.1.1 192.168.1.150;
    # ブロードキャストアドレス指定
    option broadcast-address 192.168.1.255;
    # ゲートウェイアドレス指定
    option routers 192.168.1.254;
}

最後にWindowsサーバー、もしくはLinuxサーバーにてDHCPを設定し、DHCPサーバーからIPアドレスが取得できたことを確認できれば完了です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!