ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

作成したユーザーにroot権限を持たせる設定

更新日:

Linux上で新規でユーザーを作成(testadmin)し、そのユーザーにroot権限を持たせるように設定をする手順をメモします。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

一般ユーザでもroot権限を持たせる

まずは新規でユーザーを作成します。

# groupadd -g 1000 testadmin
# useradd -u 1000 -g 1000 testadmin

確認

# less /etc/passwd
testadmin:x:1000:1000::/home/testadmin:/bin/bash

パスワード作成

# passwd testadmin
Changing password for user testadmin.
New UNIX password:(パスワード入力)
Retype new UNIX password:(パスワード再入力)
passwd: all authentication tokens updated successfully.

パスワードが反映されたか切替確認してみます。

$ su - testadmin
パスワード:
[testadmin@test011 ~]$

とりあえず、ユーザー作成完了。

スポンサーリンク


visudoを編集

作成したユーザー「testadmin」にroot権限を持たせるには「visudo」コマンドを使用します。
「/etc/sudoers」では設定を編集してはいけません!
※理由はわからんがしちゃダメだ。

# visudo
## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
testadmin        ALL=(ALL)       ALL

上記に箇所に作成したユーザーを一行追加すればOKです。

確認は「sudo」コマンドを使用します。

[testadmin@test011 ~]$ sudo less /var/log/messages
[sudo] password for testadmin:(パスワード入力)

一回目はパスワードを聞かれるが2回目以降は聞かれません。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.