作成したユーザーにroot権限を持たせる設定


Linux上で新規でユーザーを作成(testadmin)し、そのユーザーにroot権限を持たせるように設定をする手順をメモします。


一般ユーザでもroot権限を持たせる

まずは新規でユーザーを作成します。

# groupadd -g 1000 testadmin
# useradd -u 1000 -g 1000 testadmin

確認

# less /etc/passwd
testadmin:x:1000:1000::/home/testadmin:/bin/bash

パスワード作成

# passwd testadmin
Changing password for user testadmin.
New UNIX password:(パスワード入力)
Retype new UNIX password:(パスワード再入力)
passwd: all authentication tokens updated successfully.

パスワードが反映されたか切替確認してみます。

$ su - testadmin
パスワード:
[testadmin@test011 ~]$

とりあえず、ユーザー作成完了。

visudoを編集

作成したユーザー「testadmin」にroot権限を持たせるには「visudo」コマンドを使用します。
「/etc/sudoers」では設定を編集してはいけません!
※理由はわからんがしちゃダメだ。

# visudo
## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
testadmin        ALL=(ALL)       ALL

上記に箇所に作成したユーザーを一行追加すればOKです。

確認は「sudo」コマンドを使用します。

[testadmin@test011 ~]$ sudo less /var/log/messages
[sudo] password for testadmin:(パスワード入力)

一回目はパスワードを聞かれるが2回目以降は聞かれません。

以上です。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/17 18:10時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!