ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

シェルスクリプトの動作を確認する

更新日:

CentOSでシェルスクリプトを作成して実行する際、エラーを吐いて止まっちゃったり、どのように動いているのか確認したい(デバッグ的な感じ?)ときなど実際に動作を確認できるようにするコマンドをメモしときます。

まずは簡単なシェルスクリプトを作成しよう

以下は、簡単な文字列とコマンドを出力させるシェルスクリプトになります。

# vi test.sh
#!/bin/sh
A="testadmin"
B=`date`
C=`df -h`
echo $A
echo $B
echo $C

そんで、実行した結果です。

# /bin/sh test.sh
testadmin
2014年 9月 3日 水曜日 09:17:32 JST
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置 /dev/sda1 14G 3.1G 9.7G 25% / tmpfs 1006M 0 1006M 0% /dev/shm

TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内



シェルの実行の動作確認をする

実際にシェルは上から順にコマンドを確認しますがどのように流れているのかを以下のコマンドを使用し確認できます。

# /bin/sh -x test.sh
+ A=testadmin
++ date
+ B='2014年  9月  3日 水曜日 09:17:40 JST'
++ df -h
+ C='Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/sda1              14G  3.1G  9.7G  25% /
tmpfs                1006M     0 1006M   0% /dev/shm'
+ echo testadmin
testadmin
+ echo ;sf277.com.                     IN      NS $'3\346\227\245' $'\346\260\264\346\233\234\346\227\245' 09:17:40 JST
2014年 9月 3日 水曜日 09:17:40 JST
+ echo Filesystem $'\343\202\265\343\202\244\343\202\272' $'\344\275\277\347\224\250' $'\346\256\213\343\202\212' $'\344\275\277\347\224\250%' $'\343\203\236\343\202\246\343\203\263\343\203\210\344\275\215\347\275\256' /dev/sda1 14G 3.1G 9.7G 25% / tmpfs 1006M 0 1006M 0% /dev/shm
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置 /dev/sda1 14G 3.1G 9.7G 25% / tmpfs 1006M 0 1006M 0% /dev/shm

「$'\343\202\265\343\202\244\343\202\272'~」みたいな数字の羅列は日本語が訳せないのでこんな形になってるみたいです。

実際に使ってみると結構、動きが確認でき、どこで間違っているのかトラブルシュートができるので便利ですよ。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

ITエンジニアで就職するならこちらのサイトがおすすめです!
【レバテックキャリア】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.