dnsのdigコマンドをシェルスクリプトで実施する


dnsで複数の宛先アドレスとオプションを一気に確認したい場合などに便利なシェルスクリプトを書いてみました。
また、digが成功したか失敗したかも表示します。


自動digコマンド設定例

# vim dns-dig.sh
for address in 1.1.1.1 1.1.1.2 1.1.1.13 1.1.1.14 1.1.1.15 1.1.1.16
do

for name in ns mx txt

do

#nameから変数読み込み
        echo ""
        echo "#######################################################"
        echo "$addressへdigを開始 $nameで確認 対象ドメイン(test.jp)"
        echo "#######################################################"

        dig @$address test.jp $name +short
        if [ "$?" -ge 1 ]
        then
                echo "失敗"
        else
                echo "成功"
        fi
        sleep 1
done
done

実行結果

# ./dns-dig.sh

#######################################################
1.1.1.16へdigを開始 nsで確認 対象ドメイン(test.jp)
#######################################################
dns1.test.jp.
dns1.test.ne.jp.
dns2.test.ne.jp.
成功

#######################################################
1.1.1.16へdigを開始 mxで確認 対象ドメイン(test.jp)
#######################################################
10 mx.test.jp.
成功

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!