ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

ARPオプションまとめ(CentOS6.6)

更新日:

LinuxにおけるARPコマンドのオプションについてまとめました。
ARPコマンドはネットワークの世界でも基礎中の基礎です。ガンガン使用します。トラブルシューティングでも重要な役割を持つARPなので必ず覚えておきましょう。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

ARPとは

ネットワークの世界ではTCP/IPを使用して通信をしますが、宛先のMACアドレスを指定しなければいけません。
ARPというプロトコルはMACアドレスを宛先のIPアドレスから求めるためのプロトコルになります。

宛先のMACアドレスがわからない、もしくは知りたい時は、IPアドレスのMACアドレスを問い合わせるためARPリクエストをブロードキャストで送信します。
このリクエストに対して、IPアドレスを持っているマシンはMACアドレスを通知するARPリプライを返します。
これで、ARPを送信した送信元はMACアドレスを入手することができます。

取得したMACアドレスはIPアドレスと紐付されARPテーブルに保存されます。ただし、ARPテーブルは保存期間を一定時間たつとクリアして再度ARPリクエストをします。

これはARPテーブルに保存されているデータ(MACアドレスに割り振られたIPアドレス)が変更されることがあるので定期的にARPテーブルをクリアするのです。

ARPコマンドオプション

CentOSでのARPコマンドの出力結果は以下のようになります。

この「arp」コマンドにオプションをつけることによって出力結果が異なります。

$ arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
192.168.1.254          ether   00:50:56:ea:xx:xx   C                     eth0
192.168.1.1            ether   00:50:56:c0:xx:xx   C                     eth0
192.168.1.2            ether   00:50:56:f3:xx:xx   C                     eth0
  • -i
    続けて表示対象インタフェースを指定
  • -a
    続けて表示対象のホスト名を指定
  • -d
    続けて削除対象のホスト名を指定
  • -n
    逆引きを行わず、IPアドレスのまま表示
  • -s
    続けてIPとMACアドレスの対応を指定しキャッシュに追加
  • -f
    続けてファイルを指定し、その内容をキャッシュに追加

以上、ARPコマンドオプションについてのまとめです。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.