Linux ARPオプションまとめ(CentOS6.6)


LinuxにおけるARPコマンドのオプションについてまとめました。
ARPコマンドはネットワークの世界でも基礎中の基礎です。ガンガン使用します。トラブルシューティングでも重要な役割を持つARPなので必ず覚えておきましょう。


ARPとは

ネットワークの世界ではTCP/IPを使用して通信をしますが、宛先のMACアドレスを指定しなければいけません。
ARPというプロトコルはMACアドレスを宛先のIPアドレスから求めるためのプロトコルになります。

宛先のMACアドレスがわからない、もしくは知りたい時は、IPアドレスのMACアドレスを問い合わせるためARPリクエストをブロードキャストで送信します。
このリクエストに対して、IPアドレスを持っているマシンはMACアドレスを通知するARPリプライを返します。
これで、ARPを送信した送信元はMACアドレスを入手することができます。

取得したMACアドレスはIPアドレスと紐付されARPテーブルに保存されます。ただし、ARPテーブルは保存期間を一定時間たつとクリアして再度ARPリクエストをします。

これはARPテーブルに保存されているデータ(MACアドレスに割り振られたIPアドレス)が変更されることがあるので定期的にARPテーブルをクリアするのです。

ARPコマンドオプション

CentOSでのARPコマンドの出力結果は以下のようになります。

この「arp」コマンドにオプションをつけることによって出力結果が異なります。

$ arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
192.168.1.254          ether   00:50:56:ea:xx:xx   C                     eth0
192.168.1.1            ether   00:50:56:c0:xx:xx   C                     eth0
192.168.1.2            ether   00:50:56:f3:xx:xx   C                     eth0
  • -i
    続けて表示対象インタフェースを指定
  • -a
    続けて表示対象のホスト名を指定
  • -d
    続けて削除対象のホスト名を指定
  • -n
    逆引きを行わず、IPアドレスのまま表示
  • -s
    続けてIPとMACアドレスの対応を指定しキャッシュに追加
  • -f
    続けてファイルを指定し、その内容をキャッシュに追加

以上、ARPコマンドオプションについてのまとめです。

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!