ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOS6.6でのリソース測定コマンドまとめ

更新日:

LPIC201でも、すんごくめんどくさい「リソース測定」コマンドをまとめてみました。
CPU使用率や平均値、物理メモリの確認コマンドなど、それぞれが微妙に違うので頭に入れておくことは大切ですね。

とりあえず叩きまくって覚えるのみです。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

CentOSでのリソース確認コマンドまとめ

そもそもリソースとは資源と意味の英単語でソフトウェアやハードウェアを動作させるのに必要なCPUの処理速度やメモリ容量、ハードディスクの要領などを意味します。

以下のコマンドまとめではそれぞれのリソースの目的に応じたコマンドをまとめましたので参考にしてください。

スポンサーリンク


CPU

システム全体としてのCPU使用率の表示

top
vmstat
iostat
mpstat -P 番号 / ALL
sar -u | -P 番号 / ALL

プロセス毎のCPU使用率の表示

top
ps u(ax)

負荷平均(load average)の表示

top
uptime
w

物理メモリ

システム全体としての物理メモリの使用状況の表示

top
free
vmstat
sar -r

プロセス毎の物理メモリの使用率の表示

top
ps u(ax)

スワップ領域

スワップ領域の使用状況の表示

top
free
vmstat
sar -r
swapon -s

スワップイン・アウトの状況表示

vmstat

ディスクI/O

iostat
vmstat
sar -b

ネットワークI/O

netstat -i|-s
sar -n DEV|EDEV

プロセスのPID

pstree -p
ps(uax)
top
lsof

覚えるのは大変難しいですが、このリソースを確認するコマンドは結構重要なコマンドです。
あたまに叩き込んでおきましょう。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.