トレンドマイクロ「DeepSecurityManager」アンインストール手順メモ


DSM(DeepSecurityManager)アンインストールした際の実施した手順をメモしておきます。

バージョンは9.6点台ですが、流れとしては同じになるので参考にしてください。


TrendMicro(DeepSecurityManager)アンインストール手順

DSMは管理マネージャーだけでなくvCenterやvShieldManager、NSXなどと連携しているので手順をおって登録解除・削除を行い、アンインストールを実行します。

手順は以下から

DSVA無効化

DeepSecurityManager(DSM)管理コンソールから「コンピュータ」タブを開き以下を実行します。

  • DSVAを右クリック→「処理」→「Applianceの無効化」でDSVAを無効化
  • →無効化する際に無効化に関するポップアップが表示されるので「OK」をクリック

DSVAのコンピュータータブ内のVMのステータスが「非管理対象」となっていることを確認します。


DSVAシャットダウン・削除

上記でDSMを無効化した後に「ESXi」もしくは「vCenter」へ接続し、「電源」→「ゲストのシャットダウン」をクリックし、DSVAを社とダウンします。
→ゲストのシャットダウンの確認のポップアップが表示されるので「はい」をクリック

次にシャットダウンしたDSVAの削除を実行します。
該当のDSVAを右クリックし、「ディスクから削除」をクリックし削除を実行します。
→削除の確認のポップアップが表示されるので「はい」を選択します。

ここで、vShieldと連携している場合はvShieleManagerのシャットダウンを実施します。

「vCenter」から各登録の解除

「vShield Manager」をシャットダウン実施します。
DSM左メニューの「管理コンソール」から「VMware vCenterの削除」を選択し、vCenterの登録を削除します。

「VMware vCenterの削除」ポップアップが表示されるので、「VMware vCenterおよびすべての下位コンピュータ/グループをDSMから削除します」を選択後、「OK」をクリックします。

DeepSecurityアンインストール

Windowsの [スタート] メニューで、[Trend Micro]→[Trend Micro Deep Security Managerアンインストーラ] を選択し、ウィザードの手順に従って、アンインストールを完了します。

DeepSecuriryManagerのアンインストールは以上となります。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/18 18:12時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!