新しいメールが /var/spool/mail/root にありますを停止する方法


CentOSをインストールしてツールを構築していると以下のようなメッセージが来ることがあります。

新しいメールが /var/spool/mail/root にあります

これ毎回出てくるとメンドーなので止めちゃいます。


crontabを使って簡単にメールを止める

検索したら結構簡単でした。
crontabファイルから「MAIL TO」を「”root”」から「””」に変更するだけ。

$ vim /etc/crontab

MAILTO=root # 削除
MAILTO="" # 追加

crontabって結構重要です。

以前、以下の記事を書いたのですが。
crontab 【> /dev/null 2>&1】について

ここでは標準出力結果もエラー出力も毎回メールで届いちゃうって現象があったのでnullに落として削除したって記事です。
参考になればと思います。

追記
crontabを変更しただけではだめでした。。。すんません。

結局、rootの中身を削除するので

$ cat /dev/null > /var/spool/mail/root

で中身を削除します。
しかし、何度もやるのはめんどいのでcrontabで5分ごとに上記コマンドを打ってrootの中身を削除するようにします。

$ crontab -e
*/5 * * * * cat /dev/null > /var/spool/mail/root     #追加

以上。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/18 18:12時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!