【NetApp】シリアルポート接続でプロンプトの画面が表示されないときに確認すること


NetAppへのシリアルポート接続についてのメモです。

NetAppのシリアルポートは別途ポート指定しないと正常にプロンプトが表示されません。
シリアルポートは「115200」となります。

「NetApp」シリアルポート接続(TeraTerm)

NetAppの起動時にシリアルポート接続する場合はノードの電源を入れる前にシェルフの電源を入れておきます。
また、今回のシリアルポート接続は「TeraTerm」を使用した手順となります。

TeraTermを起動し、シリアルポートにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

TeraTermの画面から「設定」 > 「シリアルポート」を選択します。

シリアルポートの設定画面が表示されるので、スピードを「115200」に変更します。

以下でシリアルポートのスピードが「115200」と変更されていることを確認します。

以上でNetAppのプロンプトが正常に表示されます。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!