【CentOS7】Dockerを完全に削除する方法


CentOS7でインストールした「Docker」の削除手順をまとめました。
最新のDockerのバージョンを入れ直したい時などに参考にしてください。


【Docker】を完全に削除する方法

Dockerは無料版と有償版の2つがあります。

  • 無償版:CE(コミュニティエディション)
  • 有償版:EE(エンタープライズエディション)

今回は、CentOS7での削除の方法を以下でまとめます。

Docker-ceを削除する場合

Docker-ceは以下のコマンドで削除します。

yum remove -y docker-ce docker-ce-cli containerd.io


通常のDockerの削除

有償版は以下のコマンドで削除を実行します。

yum remove docker docker-client docker-client-latest docker-common docker-latest docker-late docker-selinux  docker-engine

再起動実施

Dockerを削除した後でも、まだ動いているDocker関連のシステムがあるので、いったん削除を実行します。

# reboot

残っているゴミファイル・フォルダを削除

上記でDockerが削除できても、ゴミファイルやフォルダが残っていることで、再インストールをしてもうまく実行できずエラーが出てしまう場合があります。

そうならないように以下の「find」コマンドを利用し、ゴミファイル・フォルダを検索し、削除しましょう。

# find / -name docker
/run/docker
/etc/sysconfig/docker
/etc/docker
/usr/bin/docker
/usr/libexec/docker

findでリストに上がったファイル・フォルダを削除します。

# rm -rf /run/docker/
# rm -rf /etc/sysconfig/docker
# rm -rf /etc/docker
# rm -rf /usr/bin/docker
# rm -rf /usr/libexec/docker

これで、Dockerの削除が完了です。


Docker実践ガイド 第2版 impress top gearシリーズ

Docker実践ガイド 第2版 impress top gearシリーズ

古賀 政純
3,762円(10/19 14:23時点)
発売日: 2019/02/18
Amazonの情報を掲載しています

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!