ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

作成したユーザーにroot権限を持たせる設定

更新日:

Linux上で新規でユーザーを作成(testadmin)し、そのユーザーにroot権限を持たせるように設定をする手順をメモします。

スポンサーリンク


一般ユーザでもroot権限を持たせる

まずは新規でユーザーを作成します。

# groupadd -g 1000 testadmin
# useradd -u 1000 -g 1000 testadmin

確認

# less /etc/passwd
testadmin:x:1000:1000::/home/testadmin:/bin/bash

パスワード作成

# passwd testadmin
Changing password for user testadmin.
New UNIX password:(パスワード入力)
Retype new UNIX password:(パスワード再入力)
passwd: all authentication tokens updated successfully.

パスワードが反映されたか切替確認してみます。

$ su - testadmin
パスワード:
[testadmin@test011 ~]$

とりあえず、ユーザー作成完了。

visudoを編集

作成したユーザー「testadmin」にroot権限を持たせるには「visudo」コマンドを使用します。
「/etc/sudoers」では設定を編集してはいけません!
※理由はわからんがしちゃダメだ。

# visudo
## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
testadmin        ALL=(ALL)       ALL

上記に箇所に作成したユーザーを一行追加すればOKです。

確認は「sudo」コマンドを使用します。

[testadmin@test011 ~]$ sudo less /var/log/messages
[sudo] password for testadmin:(パスワード入力)

一回目はパスワードを聞かれるが2回目以降は聞かれません。

ITエンジニア無料登録

ITエンジニアのキャリアアップは転職先で大きく決まります。
エンジニア登録サイトに無料で登録することで、将来的に転職した際は技術アップや給料アップができます。
自分に合ったエンジニアの仕事を見つけて向上していきましょう!
キャリアアップのためにエンジニアの無料登録をしておこう!
マイナビエージェント
IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】
IT系フリーエンジニア案件6000件以上【ギークスジョブ】
エンジニアの新しい働き方を応援する「MIDWORKS」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-サーバー技術
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ