ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン1第6話「残された希望」CDCで衝撃の事実を知るリック!

更新日:

スポンサーリンク



何とかCDCにたどり着いたリックたち。
ウォーカーの襲われそうになりながらもなんとか扉を開けてもらえCDCに入ることができました。

ウォーカーから逃げ、治療薬という希望を求めてきたリックたちですが、何かが違うことに気づきます。
CDC内はジェンナー博士以外はもぬけの空。

何かを隠そうとしているジェンナー博士。
いったい何が起きているのでしょうか。。。

前回のおさらいはこちらから!

スポンサーリンク


衝撃の事実を知ってしまうリック。そしてCDCは爆破されてしまう!

冒頭、ストーリーはすべての始まりの時間に戻る。
病院内でウォーカーが大量発生し、軍隊との交戦の中、意識不明のリックを守ろうとするシェーン。

シェーンは軍や看護師に助けを求めるが、相手にされず路頭に迷ってしまう。
その時、シェーンは群が患者を打ち殺す場面を目撃する。
そして大量のウォーカーが押し寄せ軍に襲いかかる

シェーンは何とかリックを起こそうとするが反応がないリック。
合えなくリックを病室に残し、ウォーカーに侵入されないように入口のドアにベッドを置きその場を離れ脱出する。

第1話でリックが一人で目覚めた前の出来事から物語は始まる。

CDC内部に入れたリックたちの前に銃を持ったジェンナー博士が

何とかCDCに入ることができたリックたちだがそこには銃をこちらに向けるジェンナー博士がいた。
銃はあくまでウォーカー退治のためであり、彼は血液検査を条件にリックたちを施設内に入れることにした。

施設内はきれいに整っており、食事、シャワーワインなどのお酒がありリックたちは安らぎの時間を過ごす。
久しぶりのシャワーを浴び、食べ物もたべれてテンションが上がるリックたち。

スポンサーリンク


ローリに拒否され次第に壊れていくシェーン

ローリが一人で部屋にいるときシェーンが現れ迫ってくる。
ローリは拒否するが強引に押し倒そうとするシェーン。

しかし、ローリがシェーンの首を爪でひっかき抵抗する。
シェーンはその場を離れるが完全に正常な状態ではなくローリも自分のした過ちと恐怖でその場に泣き崩れてしまう。

ジェンナー博士はCDCを爆破し巻き込み自殺しようとするが抵抗するリックたち

ジェンナー博士はリックたちに黙ってCDCを爆破させ自殺しようとしていた。

なんとか爆破を阻止しようとするリックたちであるがすでに爆破と止めることが不可能であった。

ジェンナー博士を説得するリックたち。
説得が成功し脱出できるが数名のメンバーはジェンナー博士と自殺する道を選ぶ。

CDCを脱出したリックたちであるが、絶望に暮れてしまう。
しかもリックはジェンナー博士との別れ際、耳打ちでショッキングな事実を知ることとなる。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ