Cisco interface設定(デュアルスタック)初心者でも簡単設定!


Ciscoインターフェース(デュアルスタック)の設定をメモリます。
Cisco機器のコンフィグ設定と言うか、このコマンドは初級編なので、これを覚えとかないとこの先何もできません。

今回はIPv4、IPv6コマンドを紹介します。


interfaceにデュアルスタック(IPv4/IPv6)の設定をする

以下の構成図を参考にして、該当インターフェースへデュアルスタック(IPv4、IPv6)の設定をします。

cisco_interface

CiscoでIPv6を使用する際の注意点

Cisco(IOS)はデフォルトIPv6を設定できません。
IPv6を有効化するために”ipv6 unicast-routing”を設定します。

なお、ipv6 unicast-routingを設定すればインターフェースにipv6 enableを設定しなくてもよくなったみたいです。
※最新のIOS(IOS-XE)ではってこと。昔もいらんかったのか。。。?

ipv6 unicast-routing
interface GigabitEthernet0/0
description XXXX
ip address 1.1.1.1 255.255.255.0
negotiation auto
ipv6 address 2001:FFFF:FFFF:5::1/64
ipv6 enable
ipv6 nd ra suppress all

RAメッセージは [ ipv6 nd ra suppress ] によりインターフェースごとに個別でディセーブルにできる
all option を付けることによりRS に応答する RA についても抑制できる。

ipv6 unicast-routing
interface GigabitEthernet0/0
description XXXX
ip address 1.1.1.2 255.255.255.0
negotiation auto
ipv6 address 2001:FFFF:FFFF:5::2/64
ipv6 enable
ipv6 nd ra suppress all

基本的なIPv6のインターフェースまでの設定。
あとはpingで疎通確認してリンクアップしてることと、show ipv6 neighborsを確認すれば大丈夫。


設定後のルーティングテーブルの確認は大切

設定後は必ず対向アドレスへPingを実施(IPv4、IPv6両方)するようにしましょう。
いまさらPingのコマンドは書かないが。

両対向でPing疎通ができた後は、ルーティングテーブルを確認すること。
今回の場合だと、connectでルーティングテーブルが確認できるはず。

Pingが通らない、ルーティングテーブルが見えない場合は、レイヤ1(物理回線、ケーブル)から疑っていくこと!

  • show ip route
  • show ipv6 route

以上!


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!