Juniper機器コマンド一覧


Juniper機器のコマンド集、正規表現を使用した便利なコマンドを紹介します。

コマンド体系に“run”コマンドがあり、コンフィグレーションモードで使用できます。
例えば”show version”をコンフィグレーションモードでたたく場合、コマンドがはじかれてしまうので、頭に”run”コマンドを付けることによって、使用することが可能です。


JunosOSコマンドはCisco(IOS)似ています

Ciscoの次はJuniperかって感じですが、コマンド体系は似ています。
コマンド叩けば、慣れてくるはずです。

自分の見解ですがJuniperの大きな特徴は、Ciscoと違い”show”コマンドの詳細な部分まで出力できるところです。
例えば”show configration”でも、OSPFやBGPだけの設定コンフィグを見たいときは、そこだけを出力してくれるなど便利機能がいっぱいです。
※今はCiscoでもできるようになりましたが。。。

今回もBGPコマンドが中心になりましたが、これも後日、追記していきます。

Juniperコマンド

  • バージョン確認をする
    show version
  • 設定の確認をする
    show configuration
  • ルート情報の確認をする
    show route
  • CPU使用率の確認をする
    show system processes brief
    show chassis routing-engine
  • BGPベストパスの確認をする
    run show route protocol bgp
  • BGP Statesの確認をする
    run show bgp neighbor X.X.X.X
  • 対象機器からBGPルートを受信できていること確認する
    run show bgp summary
  • AS Pathの正規表現を指定して、それに合致したBGP経路を表示する
    run show route aspath-regexp
  • 対向機器に対してBGPルートを広報していることを確認する
    対向機器に対してBGPルートを広報していないことを確認する

    run show route advertising-protocol bgp X.X.X.X
  • 対向機器からBGPルートを受信できていることを確認する
    対向機器からBGPルートを受信できていないことを確認する

    run show route receive-protocol bgp X.X.X.X
    run show route source-gateway X.X.X.X extensive
  • 作業後のログを採取する
    run show log messages
    request support information

まとめ

Juniperの上位プロトコルでは結構役に立つというか、自分が役にたったなぁってコマンドをまとめています。

それぞれの出力結果を確認しながら、コマンドを使い分けれるようにしましょう。

それでは!


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!