ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

Windows

Windowsでcopyコマンドではなくmoveコマンドを使う!

投稿日:

Windowsコマンドでcopyコマンドを使うことがありますが、仕事上「move」コマンドを実施してほしいなど言われることあります。

copyコマンドとmoveコマンドとの違いは、「copy」は同じファイルを複製し、「move」はファイルを指定の場所へ移動するという感じでしょうか。

結構、忘れがちなのでメモしておきます。

1か月880円~!ソフトバンクiPhoneが使えるMVNOはこちらから!
U-mobile
※その他、あなたに合った格安SIM比較表はこちらから!
⇒格安SIM簡単比較!

Windows moveコマンドの使い方

Windows moveコマンドの使い方をメモっておきます。

まずは、コマンドプロンプトを立ち上げ、移動したいファイルのディレクトリに移動します。
※コマンドプロンプトの立ち上げ方は、「Windowsボタン」+「R」で「cmd」と入力します。

参照ディレクトリの変更は以下のコマンドを実施します。

cd /d C:\logs\test

C:\logs\test>

moveコマンドは以下のように設定します。
今回は、「192.168.1.1」の共有ファイルサーバーの「test」フォルダ向けにファイルを移動します。

move /Y TEST.txt \\192.168.1.1\test

これでファイルが移動していればOKです。

よく忘れがちで、あまり使わないコマンドですが、ご参考に。

※格安SIMに悩んでいるときはこちらから!
⇒格安SIM簡単比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-Windows

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.