【Windows】巨大サイズのファイルを作成する「fsutil」コマンドの使い方


検証やテスト用に大きなサイズのファイルを使いたい場合はいろんな場面であります。

Windowsではサイズの大きなファイルを簡単に作成できる「fsutil」というコマンドがあります。
今回は「fsutil」コマンドについてまとめます。


「Windos」で巨大サイズのファイルを作成する「fsutil」コマンドを使い方

大きなファイルを作成する「fsutil」コマンドは簡単です。
以下では、100GBのサイズのテキストファイルを作成するコマンドとなります。

fsutil file createnew testfile_100g.txt 107374182400

実際にコマンドプロンプトを立ち上げ「fsutil」コマンドを実行します。

C:\>fsutil file createnew testfile 107374182400
ファイル C:\testfile_100g が作成されました

C:\>

正常にファイルが作成されたことが確認できます。

プロパティを確認すると100GBでファイルが作成されていることが確認できます。

サイズ別「fsutil」コマンドまとめ

毎回、ファイルサイズを計算するのがめんどくさいので以下で「1MB」~「100GB」までのファイルを作成する際の数値を計算しておいたので参考にして下しあ。

1MB

fsutil file createnew testfile_1m.txt 1048576

10MB

fsutil file createnew testfile_10m.txt 10485760

100MB

fsutil file createnew testfile_100m.txt 104857600

1GB

fsutil file createnew testfile_1g.txt 1073741824

10GB

fsutil file createnew testfile_10g.txt 10737418240

100GB

fsutil file createnew testfile_100g.txt 107374182400

大きなサイズのファイルを一発で作成したい方は参考にしてください。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!