WindowsServerにオフラインで「AdobeFlashPlayer」を有効にする方法


Windowsサーバーには標準で「AdobeFlashPlayer」が設置されています。
ただし、デフォルトでは有効になっていません。

なので、インターネットにつながっていないオフラインの状態でも「AdobeFlashPlayer」を利用することが可能です。
今回はオフライン上のWindowsサーバーでも実施できる「AdobeFlashPlayer」の有効設定についてまとめました。


「WindowsServer」でAdobeFlashPlayerを有効にする方法

今回の対象はWindows2016Serverとなります。
WindowsServerであれば、どれでもデフォルトでついている機能なので参考にしてください。

また、AdobeFlashPlayerを利用するブラウザはIE(InternetExplorer11)となります。

コマンドプロンプトから「AdobeFlashPlayer」有効化コマンドを実行

AdobeFlashPlayerの有効化はコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行するだけです。

※そのままコピペでいけます。

dism /online /add-package /packagepath:"C:\Windows\servicing\Packages\Adobe-Flash-For-Windows-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.14393.0.mum"

実際に設定した際の状態が以下となります。

正常に完了した後は、OSの再起動を実施します。

再度、IEを立ち上げると「AdobeFlashPlayer」が使えるようになります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!