【CentOS】isoファイルダウンロード方法


これからLinuxを触って勉強しようとする方で、実際にOSを動かして見たいという方。
Linux系のOSはほとんど無償で手に入りますが、その中でも代表的なのはCentOSです。

ほとんど商用で使われるRedHatと同じなので勉強するには一番です。

今回は、CentOSのダウンロード方法を紹介します。

LinuxOS(CentOS)のダウンロード方法

CentOS7をダウンロードする手順とします。

まずは以下のURLへアクセスします。
https://www.centos.org/download/

以下のトップページが表示されるので、「CentOS Linux」の項目から「7(2003)」のタブをクリックします。
通常の64bit版をダウンロードしたいので、「x86_64」をクリックします。

クリック先のページで、CentOSがダウンロードできるミラーサイトの一覧が表示されます。
どこからでもダウンロードは可能ですが、今回は「IIJ」のミラーサイトからisoファイルをダウンロードします。

せっかく勉強をするのであれば最小限の「Minimal」をダウンロードしよう

1からしっかりLinuxをしたいのであれば、最小限のインストールである「Minimal」がオススメです。

無駄な機能は含まれておらず、初めはCLIだけなので抵抗はあるかもしれないですが、力はつきます。
初心者はまずは「Minimal」を試しましょう。


ダウンロードした「iso」ファイルを動かす

ダウンロードした「iso」ファイルを実際に使う際は、「VMwarePlayer」や「VirtualBox」を使用します。

自身のローカルPCに仮想環境を構築でき、LinuxOSをインストール、動作することができます。
もちろんサーバーも立てることも可能です。

Windows10で「VMwareWorkstationPlayer」インストール手順

2020年1月20日

MACでバーチャルボックスを使って仮想環境をインストール

2014年9月16日

以上が「CentOS」のisoファイルダウンロードの手順となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!