ITエンジニア系ブログ。格安SIM、健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG




サーバー技術

VMware-ESXI-vSphere無料ダウンロード手順

更新日:

VMware-ESXI-vSphere5.5.0のダウンロード手順です。
これから仮想化の時代に入るので結構これ重要です。

その中でも、VMwareはエンジニアにとっては必須となるので、覚えておきましょう!


⇒CentOSなどLinux系OSをインストしてサーバを構築でき、VMwareも使えるさくらのVPSは月額630円から使えておすすめです!技術力アップにもつながります!

IT関連のエンジニアだと「格安SIM」を購入するでしょ!?自分で運用して月額料金を安くするのは当たり前!




VMware-ESXI-vSphereとは

このESXIっていうのは簡単に言うと、「仮想サーバ」ってやつです。

何をするのかっていうと既存のサーバの中で、仮想(バーチャル)でいくつものサーバを作ることができるんです。
要は分身の術みたいな。

難しい話はできないんでこんな感じです。
一つのサーバがあれば、このソフトウェアをつかって、複数のサーバを作ることができるっちゅうことです。

このESXIっていうのはVMware社で作られたソフトウェアで、しかも、無償で提供もされているんですよね。

ダウンロード手順

ほんなら、ESXIダウンロードやっちゃいましょう。

まずは以下の公式ダウンロードページへアクセスしてください。
VMware-ESXI-vSphereダウンロードページ

赤枠の中からESXIのバージョン(最新)をクリックします。

E1

次に、ダウンロードページへ進むので「Download」をクリックします。
E2

ログイン画面が表示されるので、ログインするんですが、初めての方はメール登録をしてください。
以下の画面でメール登録と登録者めいを記入し、パスワードの設定をしていきます。
E3

登録が完了すれば、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。
E3-5

なんか、ポップアップが出てきたので、NOセンキューです。
E4

英語がわかる方なら同意文を読んだうえでチェックして、「accept」をクリックしてください。
E5

acceptボタンを押せばダウンロードが開始されます。

お疲れ様でした。

次回は、ESXIの設定手順をご紹介いたします。(たぶん)

以上です。


>>>>>>
VMware、サーバー関連、LinuxOS系の技術力を高めたい方はさくらのVPSで構築の技術を上げましょう!

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書


※ITエンジニアのための格安SIMはこちらから!
格安SIM簡単比較!
ドコモ回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較
au回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較
ソフトバンク回線でスマホもそのまま使えるおすすめ格安SIM(MVNO)比較










この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2018 All Rights Reserved.