VMware-ESXI-vSphere無料ダウンロード手順


VMware-ESXI-vSphere5.5.0のダウンロード手順です。
これから仮想化の時代に入るので結構これ重要です。

その中でも、VMwareはエンジニアにとっては必須となるので、覚えておきましょう!


VMware-ESXI-vSphereとは

このESXIっていうのは簡単に言うと、「仮想サーバ」ってやつです。

何をするのかっていうと既存のサーバの中で、仮想(バーチャル)でいくつものサーバを作ることができるんです。
要は分身の術みたいな。

難しい話はできないんでこんな感じです。
一つのサーバがあれば、このソフトウェアをつかって、複数のサーバを作ることができるっちゅうことです。

このESXIっていうのはVMware社で作られたソフトウェアで、しかも、無償で提供もされているんですよね。

ダウンロード手順

ほんなら、ESXIダウンロードやっちゃいましょう。

まずは以下の公式ダウンロードページへアクセスしてください。
VMware-ESXI-vSphereダウンロードページ

赤枠の中からESXIのバージョン(最新)をクリックします。

E1

次に、ダウンロードページへ進むので「Download」をクリックします。
E2

ログイン画面が表示されるので、ログインするんですが、初めての方はメール登録をしてください。
以下の画面でメール登録と登録者めいを記入し、パスワードの設定をしていきます。
E3

登録が完了すれば、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。
E3-5

なんか、ポップアップが出てきたので、NOセンキューです。
E4

英語がわかる方なら同意文を読んだうえでチェックして、「accept」をクリックしてください。
E5

acceptボタンを押せばダウンロードが開始されます。

お疲れ様でした。

次回は、ESXIの設定手順をご紹介いたします。(たぶん)

VMware徹底入門 第4版 VMware vSphere 6.0対応

VMware徹底入門 第4版 VMware vSphere 6.0対応

ヴイエムウェア株式会社
4,180円(09/21 18:33時点)
発売日: 2015/11/18
Amazonの情報を掲載しています

以上です。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/21 19:08時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!