Linux(Minimal)でVMwareToolsインストール手順と注意点※CentOS対応


VMware仮想環境においてLinux(Minimal)の仮想マシンで、VMwareToolsをインストールする際の注意点についてまとめました。

Linux(Minimal)のOSではインターネットへのアクセス・DNSへの名前解決は必須となるので事前に確認しておきましょう。


Linux(Minimal)OSでVMwareToolsインストール時の注意点

今回は、CentOS7でVMToolsを手動インストールしました。
以下、データストアからのisoファイルマウントからインストールまでの手順となります。

CDマウント用(iso)のディレクトリを作成とマウント実施

VMwareToolsをインストールするためのisoファイルをマウントするためのディレクトリを作成し、マウントを実施します。

$ cd /mnt
$ mkdir cdrom
$ mount /dev/cdrom /mnt/cdrom


vSphere設定の編集からisoファイルを参照させる

ESXi、もしくはvCenterで対象の仮想マシン→右クリック「設定の編集」を実行します。

今回は「データストア」からVMwareToolsのisoファイルを選択し、仮想マシンへ接続します。
※接続中にチェックをつけること

仮想マシンを確認すると、「/mnt/cdrom/」配下にMVToolsのインストーラーがマウントされます。

マウントしたディレクトリからVMwareToolsのインストーラーファイルを/tmpへ一時コピー

上記でインストーラーにマウントされている以下のファイルを「/tmp」へコピーします。

$ cp /mnt/cdrom/VMwareToosl-10.2.1-8267844.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz

VMwareToolsのisoファイルをアンマウント

マウントしたisoファイルは上記でコピーして必要がないので、忘れないうちにアンマウントをしておきます。

$ umount /mnt/cdrom/

VMwareToolsインストーラーの展開

VMwareToolsインストーラーのコピー先のディレクトへ移動し、ファイルを展開します。

$ cd /tmp
$ tar zxvf VMwareTools.tar.gz

VMwareToolsインストーラー(Perlスクリプト)実行

展開された「vmware-tools-distrib」配下へ移動し、スクリプトを実行します。

$ cd vmware-tools-distrib/
$ ./vmware-install.pl

要注意:Minimalではデフォルト「Perl」はインストールされていない

LinuxのMinimalOSはデフォルトperlがインストールされていないので別途インストールが必要となります。
※インターネットにアクセスできる環境とDNSサーバーへのアクセスは必須となります。DNSサーバはgoogleDNS(8.8.8.8)を使用しています。

以下、Perlのyumインストールですが、事前にyumパッケージのアップデートはしておきましょう。

$ yum -y update
$ yum install perl perl-core perl-local-lib

VMware Toolsインストールバージョンの確認

正常にPerlがインストールされたら、再度VMwareToolsのインストールを実行します。
インストールが成功したら以下でバージョンを確認します。

$ /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v

最後に再起動を実施し完了となります。

$ reboot

以上でLinuxOS(Minimal)でのVMwareToolsインストールの手順と注意点となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!