無償評価版ESXiライセンス取得手順


無償評価版ESXiをインストールしても60日経過後にはゲストOSが起動しなくなり使えなくなってしまいます。

無料ライセンスの登録を行うことで60日間の使用有効期限が無くなり、無期限にESXiを使用することができますのでライセンス登録を実施してください。


ESXiライセンス登録手順書

ESXiのライセンス取得から登録までは簡単にできます。
簡単に言えばvmwareのサイトからメール登録をしてライセンス取得し、ESXiへ登録するだけです。

ライセンス番号取得

まずはこちらから無料ライセンスの取得します。

https://www.vmware.com/jp/tryvmware/?p=free-esxi5&lp=default

画面下にスクロールするとライセンス番号が「xxxx-xxxx-xxxx-xxxx」と書かれているのでコピー、もしくはメモしといてください。

ライセンス番号登録

ライセンスを確認したら、続いてESXiでライセンス番号の登録を実施します。

    1. ホーム⇒インベントリからサーバーを右クリックし、メンテナンスモードへの切り替えを選択します。
ライセンス1
    1. 構成⇒ソフトウェア⇒ライセンス機能を選択し右上の編集ボタンを選択します。
ライセンス2
  1. 編集からライセンスの割り当てがポップアップで表示されるので、「このホストに新規のライセンスキーを割り当てる」を選び、「キーを入力」を選択します。
  2. 右の枠にライセンスキーを入力し、「OK」ボタンを選択すれば完了です。
  3. 最後にライセンス機能の画面に
    ライセンスキーが割り当てられていたら成功です。
  4. 事後は、左のボックスにあるサーバーをクリックで「メンテナンスモードの終了」を選択してください。

ここだけは注意しておく!

ライセンス登録は、ESXiをメンテナンスモードへ切替を行わないと登録ができません!

じぶんが何度も、つまづきました。
ESXiへライセンスを反映させるためには、必ずメンテナンスモードへ切り替えることを頭に入れておきましょう。

以上、お疲れさんでした。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(07/07 17:12時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    blank

    インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!