【VMware】VMware PowerCLIを使用したESXiバックアップ手順


「VMware PowerCLI」を使用し、ESXiやvCenterのバックアップを取得するコマンドと手順をまとめました。

今回実施した環境は以下となります。

  • VMware PowerCLI バージョン12
  • ESXi 6.0、6.5、6.7環境
  • vCenter 6.0、6.5、6.7環境

「VMware PowerCLI」のインストールは以下手順を実施してください。

【VMware】VMware PowerCLIインストール手順

2021年2月4日

「VMware PowerCLI」でESXiホスト、vCenterのバックアップを取得する方法

「VMware PowerCLI」を使用してESXiホスト、vCenterのバックアップを取得する手順は以下の手順となります。

  1. 対象ホスト、vCenterへ接続
  2. 接続したホストからバックアップを取得
  3. 対象ホスト、vCenterを切断

以下でバックアップの手順を説明します。

「VMware PowerCLI」で対象ホストへ接続

「VMware PowerCLI」を使用してホストのバックアップを取得するには事前に対象ホストへの接続が必要になります。
以下のコマンドの通り、「Connect-VIServer」コマンドを使用します。

PowerCLI C:\> Connect-VIServer 192.168.1.1 -User root -Password xxxxxx

Name Port User
---- ---- ----
192.168.1.1 443 root


対象ホストのバックアップを実行

上記で正常に接続されたあとは、バックアップが取得できる状態となります。
今回のバックアップファイルの保存先はCドライブ直下に「Backup」というフォルダを作成し、そこへダウンロードします。

  • 対象ホスト:192.168.1.1
  • バックアップ先フォルダ:「Backup」

バックアップコマンドは以下となります。

PowerCLI C:\> Get-VMHostFirmware -VMHost 192.168.1.1 -BackupConfiguration -DestinationPath C:\Backup\

Host            Data
----            ----
192.168.1.1    C:\Backup\configBundle-192.168.1.1.tgz

PowerCLI C:\>

バックアップが正常に完了したか「ls」コマンドを使用してファイルを確認します。

PowerCLI C:\> ls C:\Backup\


    ディレクトリ: C:\Backup


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       2021/02/12     11:42          90996 configBundle-192.168.1.1.tgz
-a----       2021/02/12     11:31          67053 configBundle-192.168.1.2.tgz


PowerCLI C:\>

対象ホストの切断

バックアップが正常に完了したら対象ホストから切断を実施します。
切断コマンドは「Disconnect-VIServer」です。

ホスト単体を切断

PowerCLI C:\> Disconnect-VIServer 192.168.1.1

確認
この操作を実行しますか?
対象 "User: root, Server: 192.168.1.1, Port: 443" に対して操作 "Disconnect VIServer" を実行しています。
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y

全てのホストを切断

PowerCLI C:\> Disconnect-VIServer

確認
この操作を実行しますか?
対象 "User: root, Server: 192.168.1.1, Port: 443" に対して操作 "Disconnect VIServer" を実行しています。
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y

「VMware PowerCLI」を使用したESXi,vCenterのバックアップ取得手順は以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!