【VMware】VMware PowerCLIインストール手順


vCenter、ESXiなど複数のバックアップを取得したり情報を確認したりする際にVMware PowerCLIを利用すると便利です。
VMware PowerCLIのインストール手順についてまとめました。

「VMwarePowerCLI」インストール手順

以前まで「VMware PowerCLI」はインストーラーをダウンロードしてインストールする手順でしたが、最近は「WindowsPowerShell」からコマンドでインストールするようになっています。

手順は以下から

Windowsマークを右クリックし、「WindowsPowerShell」を管理者権限で起動します。

起動したPSから以下コマンドでインストールを実施

PS C:\> Install-Module -Name VMware.PowerCLI

インストール後のセキュリティポリシー確認

インストール後、PSで「VMwarePowerCLI」のセキュリティポリシーを確認します。

PS C:\> Get-ExecutionPolicy
RemoteSigned

※ステータスが「Restricted」の場合、「VMwarePowerCLI」が実行できません。


セキュリティポリシーの変更

上記でステータスが「Restricted」の場合、「RemoteSigned」へ変更します。

PS C:\> Set-ExecutionPolicy -Scope CurrentUser RemoteSigned

実行ポリシーの変更
実行ポリシーは、信頼されていないスクリプトからの保護に役立ちます。実行ポリシーを変更すると、about_Execution_Policies
のヘルプ トピック (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170)
で説明されているセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。実行ポリシーを変更しますか?
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "N"): Y
PS C:\>

上記ポリシー変更で「Y」を実行することでセキュリティポリシーは変更され、「VMwarePowerCLI」が実行されるようになります。

バージョン確認

「VMwarePowerCLI」が正常に実行できるようになった後は以下でバージョンを確認しておきます。

PS C:\> Get-PowerCLIVersion

インストールがうまくいかない場合は以下の記事を参考にしてください。

【VMware】VMware PowerCLIがインストールできない場合の対応方法

2021年2月5日

「VMwarePowerCLI」のインストールは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!