ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『レベッカ』ヒッチコックのアカデミー賞受賞作品

更新日:

第13回アカデミー賞に輝いた『レベッカ』
ヒッチコックの代表作の一つです。

しかも、今鑑賞しても衰えはなく、むしろ白黒映像の深みが出て素晴らしい映像センスと内容の面白さに感動しちゃいます。
脚本の素晴らしさと美しい映像には最後まで興奮が見入ってしまいますね。

※1か月無料お試し!おすすめ動画配信コンテンツ

2週間無料、月額980円はHulu

1か月無料、月額500円はdTV

第13回アカデミー賞作品賞 『レベッカ』(Rebecca)

アルフレッド・ヒッチコックの作品であり、ヒッチコック最高の映画。ヒッチコックの渡米第一作目となりました。
原作はダフネ・デュ・モーリアの『レベッカ』また、作品賞の他に撮影賞(黒白部門)を獲得。

スポンサーリンク


ヒッチコックの映画は評判が良いが本作の評価は他に比べて群を抜いていい

rebecca

主演のジョーン・フォンティンはマダム要素たっぷりで奇麗な方です。(気が強そうなので、何かあったら罵られそうだが。)
白黒映画という神秘性というか雰囲気もまた見事な演出であり、 家政婦ダンバース婦人(ジュディス・アンダーソン)の存在感は、他の共演者をある意味で食っている感じ。

この女優さんは、舞台シェイクスピアのマクベス夫人役をするくらいの大女優。
そら、一枚も二枚も上手ですね。

あらすじ

ヴァン・ホッパー婦人の付き人としてモンテカルロにきた両親がいない主人公の『わたし』は1年前に妻を亡くした英国紳士のマキシムを出会う。

そこで恋に落ちた二人は即座に結婚、イギリスの彼の豪邸へ行くことになる。

多くの使用人がいる邸宅で、住む世界が違うと戸惑いながらもなんとか遣って行こうとする彼女だったが、かつてのレベッカの使用人であったダンバース婦人にはなかなか受け入れてもらえず、次第に『わたし』を心理的に追いつめていく。。。

https://youtu.be/7cf0-GsXDzI

レベッカの作品は高画質でも鑑賞できます。

※動画配信コンテンツ選びに困ったときはこちらがおすすめ!
⇒最新おすすめの動画配信サービスと無料視聴期間を徹底比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.