ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

格安スマホ-格安SIM

格安SIMで同じ電話番号を利用するときはMNPを利用しよう!大手3社のMNP手順

投稿日:

携帯電話からずっと使っている電話番号。
大手キャリア3社間では同じ電話番号を使って契約ができます。

なので、新しいキャリアと契約するときはショップに行って契約をすればすぐに乗り換えができたもんです。

格安SIMも同じく、今まで使っていた電話番号を使って契約ができるんです。
この電話番号をMVNOへ移行することを、「MNP」と言います。

ただし、通話可能なSIMを利用する場合に限られますので、データ通信専用SIMを使う場合はMNPを利用できないのでしっかり頭に入れておいて契約してくださいね。
そして今回はMNPの手順を紹介します。

1か月880円~!ソフトバンクiPhoneが使えるMVNOはこちらから!
U-mobile
※その他、あなたに合った格安SIM比較表はこちらから!
⇒格安SIM簡単比較!

同一電話番号を格安SIMで利用するときにMNPを使って電話番号を移行しよう!

冒頭でもお話ししましたが、格安スマホのMVNOでもMNPで、今まで使っていた電話番号の移行が可能です。
スマホの回線業者を切り替える際、電話番号をそのまま継続して利用できるようにするのが「MNP」です。

格安SIMを購入した場合でもMNPは利用できます。
しかし、格安SIMでMNPを利用する場合はすべて自分でやらないといけません。大手キャリアならショップでやってくれますが、全て自分でやります。
今は、Yモバイルや楽天などのMVNOはショップを出しているのでMNPをしてくれると思いますが、基本すべて自分でやるという事を頭に入れておいてくださいね。

以下では各大手キャリア3社のMNP転出手続き先のURLのリンクを貼っていますので自分のキャリアのMNPを確認してくださいね!

スポンサーリンク


MNPを利用するときの手続きの流れ

それでは、まずはそれぞれのプロバイダのMNP転出手続きへ進みます。

docomo
au
softbank

ほとんどショップで簡単にMNP転出届けを受け付けてくれるので、身分証明書を持っていけば手続きをしてくれます。
しっかり、上記ホームページを確認してください。

MNPを利用するときの流れは以下のようになりますので、MNPを利用する際はしっかり頭に入れておいてください。

  1. 現在契約中の事業者へMNPの利用を申請する
  2. 事業者はユーザーへMNPへ「MNP予約番号」を発行する
  3. 「MNP予約番号」を使って新規に契約する事業者でSIM・スマホを購入する
  4. 元回線契約事業者と新規回線契約事業者(MVNO)間で電話番号の照合、引継ぎ処理を実施する
  5. MVNOよりユーザーへ今までの電話番号を引き継いだSIM・スマホが渡される

MNP予約番号が発行されたら15日以内にMVNOで購入手続きをすること!

ここは結構重要です。
MNP予約番号を発行されたからといってそのままにしておくといつの間にか有効期限が過ぎてしまって、また元の回線契約事業者へMNP予約番号を発行してもらわないといけなくなります。

MNP予約番号は発行されたらすぐに新規回線事業者での契約手続きで申請しましょうね!
MNPの予約番号の発行はお金がかかるので出費がかさみますよ!

MNP利用時の諸費用はどれくらい!?

それではMNP予約番号を発行するにあたり、各キャリア3社ではどのくらい費用が掛かるのか調べましたので参考にしてください。

  • ドコモ
    MNP転出手数料:2,000円
  • au
    MNP転出手数料: 3,000円
  • ソフトバンク
    MNP転出手数料: 3,000円

ここで注意するのはMNPを実施した後は契約状態で別途費用が発生する場合があります。
一つは各キャリアでスマホの分割払いをしている方はMVNOに変更後も満了まで分割払いは継続されます。
もう一つは2年縛りの契約が満了していない状態でMVNOへ変更された方は各キャリアへ違約金を払わないといけません。

自分が今、大手キャリアを解約し、MVNOへ移行する際にどれだけの出費が必要になるかはちゃんと確認しておきましょうね。
まぁ、私の場合ですが、契約満期まで月額の通信料を払い続けるよりも違約金をはらってMVNOに移行したほうがトータル的には全然安かったですけどね。

ちなみに各MVNO事業者のMNP転出手数料と違約金は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

格安SIM徹底比較!大手キャリアのスマホがそのまま使えるMVNO事業社を確認!

現在大手キャリアでスマホを利用している人で月学の支払いが高いって思っている方は多いはずです。 そこで格安SIMを購入して月々の支払いを抑えたいけどやり方がわからないという方がいます。 確かに格安SIM ...

続きを見る

キャリアのメールアドレスは継続利用できない!

MNPは同じ電話番号をMVNO先でも利用できますが、前のキャリアで使用していたメールアドレスは使えなくなります。
これは格安SIMへ乗り換えた人で気づいた方は多いのではないでしょうか。

これって結構トラブルのもとになるので、気を付けてくださいね。
例えば、Gmailなどで使用しているGoogleアカウントや連絡先はそのまま使えますので問題ありません。

各キャリアで使用している以下のメールアドレスは使えないので覚えておきましょう!

  • @dokomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp、@i.softbank.jp

格安SIMへ移行する際はこのMNPをしっかり覚えておきましょうね!

※格安SIMに悩んでいるときはこちらから!
⇒格安SIM簡単比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-格安スマホ-格安SIM

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.