ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

lonelylady

映画

『The Lonely Lady』ラジー賞で見事6部門を制覇した最低映画!

投稿日:

lonelylady

「The Lonely Lady」はゴールデンラズベリー賞最優秀作品賞に輝いた映画です。
よほど、面白くなかったのでしょう。。。この作品に関しての資料がウェブですぐに検索できないところはさすが「最低映画」の称号に輝いただけはあります。

第4回ゴールデンラズベリー賞『The Lonely Lady』

1983年に制作されたアメリカ映画でラジー賞総なめの超大作です。
受賞一覧は、最低・・・作品賞/女優賞/監督賞/脚本賞/主題歌賞/作曲賞となっています。

作品のストーリーは謎ですが、スター女優に上り詰めるまでの映画のようです。

スポンサーリンク


YouTubeでサラッと見てみました。

なんか全体的につまらなさをビンビンに感じます。
何じゃこいつって言うくらい見たことも無い女優がひどい芝居をしてがんばっています。。。
最後は豪華な衣装らしき物を着て、大衆の前で演説するという、よくわからない結末。

最後はなにかの賞を取ったらしいが私にはいらねーとばかりの態度をみせ、辞退するようです。
しかもその授賞式はアカデミー賞みたいな感じでまぁ、パクり方も酷いもんです。

劇中の中では賞を辞退しましたが、ラジー賞では見事6部門を制覇した最低映画の大作となりました。

なんかエンディング曲パクってね?

なんなんだろうか。
声はフランク・シナトラっぽく、曲もどっかで聞いたような曲。

途中のシャワーシーンも、あの『サイコ』でみる有名なシーンに似ているのですが。。。
パクった上に最低映画賞を受賞。言うまでもなく真面目に製作したB級映画を狙っていないB級映画です。

要は本当につまらない映画です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.