ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

IMG_2486-0.JPG

嫁の料理

鮭フレークとほうれん草のおにぎらずと豚キムチおぎらずの作り方

投稿日:2014年12月2日 更新日:

どうも。こんばんは。

本日は、いつもの記事主ではなく、嫁がお送りいたします。
なぜか私が巻き込まれ、書かされている横で、本人はフットマッサージに座り、鼻をほじっております。
最低ですね(′・ワ・`)

さて、この記事をご覧の方に主婦層の方がいるか、存じませんが(いえ、きっとほぼ居ないと思いますが)、
最近話題のおにぎらずを今更ながら、ご主人や、彼氏向きの、『男にぎらず』的なボリューミーな具材で紹介します。
独り身の男性でも、簡単に作れてがっつり食べられていいんじゃないでしょうか。

おにぎらずとは

そもそも、『おにぎらず』とは、なんぞやって話ですが、ご存知ない方のために説明すると、
クッキングパパって漫画に載っている、握らないおにぎりの事です。
大きめの焼き海苔の真ん中に、ご飯と具を交互に乗せて、海苔を四方からたたみ込んで包むだけなんです。海苔でご飯をラップする感じとでも、申しましょうか。
更に、仕上がりの形状が座布団みたいになるので、角を対角線上に切ると、三角形のサンドイッチのような切り口と見た目になり、
なかなか、ご馳走に見えるんです。

この日は、夕飯を焼きそばだか、カレーにしたところ、主人の昼食とかぶってしまい急きょ別の物を作ることに。
しかし、材料的にもう大したものは残っておらず、さぁピンチ。そんな時こそおにぎらずの出番なのです。

スポンサーリンク


作り方

この日の具材は、

  • 冷蔵庫にあった鮭フレーク
  • 冷凍のほうれん草
  • 豚こま肉
  • キムチ
  • 微妙に1個残ってたピーマン

でした。

鮭フレークとほうれん草おにぎらず

鮭フレークとほうれん草おにぎらずは、薄口醤油とすりごま、みりんをそれぞれほんとに適当にほうれんそうにふりかけで、レンジで加熱。味がしみて柔らかくなればOK。冷凍のもでも、600Wで1分足らずってとこでしょうか。
そのほうれん草と鮭フレークをあえて、おにぎらずに。あっさりしてて、夜食でも食べやすいし栄養バランスもいいです。

豚キムチおにぎらず

豚こま、キムチ、ピーマンは、豚こまを焼肉のタレで炒め、ピーマンは千切りにしてごま油と塩で下味をつけ、あとは、海苔の上に、
ご飯、キムチ、ピーマン、豚こまを乗せ、再びご飯を乗せて海苔でラップします。四角く形を整えて完了。
ここで一つだけ、自慢したい具材ポイントは、キャベツやレタスでなく、ピーマンをつかったところ。
何故かというと、キャベツやレタスだと、塩で下味をつけた際に、どうしても水分が出てビチャっとしてしまうんです。
あと、ナムルで的な感じで生食でもキムチと相性がいいんですよね。よくなじみます。

それ以外は、手垢のついた様な大した事ない具材ですが、自分のツボなレシピを見つけるのも楽しいですね。

以上、今更のおにぎらずネタでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-嫁の料理
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.