ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

walkingdead_s3_e6

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン3第6話「届かぬ想い」ミショーンがリックたちと出会う!

投稿日:2016年6月22日 更新日:

ローリを失ってしまい気が狂ってしまったリック。
単独で刑務所内に入りウォーカー達を倒しまくっちゃいます。グレンが迎えに来ても押しのけ何も言わずに奥へと進んでいくリック。

愛するものを失うとここまでなっちゃうんでしょうね。
物語的にはローリは妊婦だしちょっとこの世の中では生きてはいけないかと思ってましたし、あまりウォーキングデッドには夫婦愛は必要ないかと個人的に思っておりました。。。

私は人間のドロドロとしたところをもっと前面に出してほしいって思っております。
こんな世の中だからこそ本当の人間の姿って見れるって思うんですよね。

これからもウォーキングデッドは残酷な人間の姿を描いていきますが、そこがリアルでいいんですよね。
初めはゾンビで怖い!って思っていたのがいつの間にか人間の方が怖いじゃねぇか!って思うんです。

どんなモンスターやお化けよりも人間が一番怖いってのをまざまざと見せられる作品です。
物語はどんどん激しく展開していきます!

前回のおさらいはこちらから!

いよいよウッドベリー(総督)と刑務所(リック)につながりが!激戦必至の戦いが始まる!

ウッドベリーを去ったミショーンの後を追いメルルたちは森へ彼女の捜索に出ていた。
メルルたちは街を去ったミショーンを暗殺するために彼女を追ってきたが森の開けた場所へ出るとウォーカーの死体で「GOと背中」(背中(バック)戻れ(ゴー・バック))を意味するメッセージを見つける。

すると木の上に隠れていたミショーンがメルルの仲間2人を一撃で倒す。
その場から逃げるミショーンだがメルルの撃った弾で左足を負傷する。

リックはローリが亡くなった部屋の電話で女性と話をしていた。
彼女は何度も電話をかけてリックが出たのに驚いている様子であった。

そこはどこかと聞かれるがリックは言えないという。
リックは彼女の場所は安全なのかと問うと彼女は「細心の注意を払っている」という。
しかもそこにはウォーカーがいないというのであった。

リックはカールのこと、生まれたばかりの赤ん坊のことを話し、仲間に入れてくれと頼むが、電話の女性は「話し合うわ」と言い電話を切ってしまう。。。

リックは仲間たちのいる独房に戻ってきた。「また戻る。カールを見に来ただけだ」とリックは言う。
そしてまた戻ろうとしたリックにグレンも一緒に行くと言うが、「いいんだ」と言い、ダリルに武器はあるかという。

ダリルは残り少ないが、後で街に調達に行き、発電機も直すというと、リックは「よし、いいぞ」と言い、ウォーカーたちのいる区画へ再度向かっていくのであった。

仲間が殺された現場でおびえるガルジュリオはその場から動けないでいた。
メルルは戻ってくるとガルジュリオにミショーンに殺された仲間の遺体の頭にナイフを刺させる。

そしてメルルは彼に女に殺されるか、その前に殺すかだと言いガルジュリオをミショーン捜索へ連れて行くのであった。

一方、去ったミショーンのことを知らないアンドレアは総督に役に立ちたいといい警備を申し出る。

リックは女性から電話があった場所に戻ると再度電話がある。
電話は先ほどと違い男からであった。
彼らのいる場所はウォーカーに襲われることもないし、死んでも転化しないという。

そして人を殺したかとリックは問われる。
リックは自分や仲間を脅したものだけだと答える。

電話越しの男は妻の死因は?という。
なぜ知っているのかと答えるリックであるが、男は息子と赤ん坊がいると言っただろうと言う。

なぜ死んだか教えろと言う電話越しの男。
「その話はしたくない」というと電話を切られてしまう。

アンドレアは仲間の女性と警備をしていた。
そこへウォーカーが現れ、しとめようとする仲間の女性だがなかなかしとめられない。
アンドレアはバリケードから下り、ウォーカーを仕留める。

こっちの方が確実と仲間の女性に言うアンドレアであったが、「何を考えてるの!?」と批難される。

電話を切られイラついていたリックのもとにハーシェルがやってくる。
ハーシェルはリックにローリは自分の行動を悔やんでいたと告げる。

リックは女性から電話があったとハーシェルに打ち明ける。
しかし、このことはまだ誰にも言うなと言う。
ハーシェルは「私もここにいよう。座るのも慣れたから」と言うと「いやいい。」とリックは答える。

ミショーンを追ってきたメルルたちは彼女と激戦に。
するとそこへウォーカーが現れ、ピンチに。

何とか助かったもののメルルたちはミショーンを見失ってしまう。

ダリルとカールたちは刑務所内を捜索していた。
ダリルはカールに子供のころ母親を火事で亡くしたことを話す。

するとカールは母親のローリが転化する前に頭を撃ったと打ち明ける。

その頃、アンドレアは総督に呼びだされ、バリケードから下りたことを迫られ、警備を外されてしまう。

ミショーンを見失ってしまったメルルはガルジュリオにミショーンを殺したと総督に言おうと持ちかけるが、彼が反対したために打ち殺してしまう。

何とか逃げ切ったミショーンは足を負傷しており、またウォーカーに遭遇する。
しかし、先ほどのウォーカーとの戦いでウォーカーの内臓が体についていたため気づかれずに何とかその場をしのいだ。

そして、街へ出られたミショーンは物資を調達にきたグレンたちを見かける。

アンドレアは総督と深い関係に。。。そして行方不明であったキャロルが見つかる!

ウッドベリーの暗部に気づかないアンドレアは総督と深い関係になっていき、キスをする。

大量の粉ミルクが見つかり持って帰ろうとしたグレンとマギーであったが、そこにメルルが現れる。
メルルは弟のところに連れて行けと言うが、彼を信用しないグレン。

しかし、メルルはマギーを人質にとりグレンに運転を強要する。
ミショーンはその光景を見ていたが何もできずにいた。

一方、刑務所では捜索中のダリルが遭遇したウォーカーにキャロルのナイフが刺さっていることに気づく。

リックは電話が鳴りまた受話器を取る。
電話の相手はローリであったのだ。

ローリに赤ちゃんがどうなった?と聞かれる。リックは「愛していたんだ」と泣きながらローリに言う。
元のように戻れなかったと悔やむリック。

「時間が解決する」そう信じていたというローリは愛していた。とリックに言う。

「リック。よく聞いて。赤ちゃんがいる。私たちの子なのよ。カールの仲間もいる。頼んだわよ。お願いね。」
とローリは話した。

リックは静かに電話の受話器を置いた。

アンドレアは総督と体の関係になっていた。
そこへ捜索へ出ていたメルルが戻ってくる。

仲間がミショーンに殺され、ミショーンは殺したと嘘をつく。
しかし、総督は首がないとメルルを疑う。

メルルはとっさにアトランタにいた時の仲間のグレンとマギーを連れ帰ったと報告をした。

ローリのお蔭で正気に戻ったリックは独房に戻り、初めて赤ん坊を抱きしめた。
目に涙を浮かべ優しく赤ん坊を見つめるリック。

その頃、ダリルは衰弱したキャロルを発見する。

リックは刑務所の外へ出ると不思議な光景が。
なんとバリケードの外のウォーカーの中にミルクが入ったカゴを持ったミショーンがこちらへ近づいてきていた。

リックとミショーンはバリケード越しに見つめあうのであった。

ウォーキング・デッドをいつでもどこでも見放題はこちらから!

超おすすめ!動画配信サービス!
Amazonプライム・ビデオ 年間3,900円で映画・ドラマ・アニメが見放題!
しかも、音楽は100万曲聞き放題でKindleも1か月に1冊無料!
Hulu 日本で今一番使われている動画サイト!
月々933円でいつでもどこでも見放題!
dTV 月額500円!ドラマや映画・アニメも見放題!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.